大人気シリーズ『Dell inspiron 14』最新モデル口コミ【画像付レビュー】

生活改善

・新しいノートパソコン欲しいけど何がいいかわからない

・スペックが高いのがいいけど出費は抑えたい

・見た目のかっこよさにもこだわりたい

そんな悩みに答えます。

アラサー同棲中のゴリラ(@gorira_oimoko)です

最近テレワークの普及によりノートパソコンの需要が伸びています。

私も使っていたパソコンのスペックが限界を迎えたため買い替ええることにしました。

今はいろんなメーカーからパソコンが次々発売されていて何がいいのかわからないという人多いのではないでしょうか。

今回は迷ったらこれというコスパ最高パソコンをレビューします。

この記事を読めば今パソコンを探している人や今のパソコンに不満がある人も悩みが解決します。

スポンサーリンク

コスパ最強『Dell inspiron』

私が実際に購入したのは

『Dell inspiron 14 5415』です。

Dell Inspiron 14インチ 5415 ノートパソコン | Dell 日本
世界につながる、常にレディ状態の14インチ ノートパソコン。携帯性と生産性の最適な組み合わせ。AMD Ryzen™5000シリーズ プロセッサーを搭載。

ブログやyoutube、雑誌などでコスパがいいと高評価を得ています。

登録者数4万人のパソコンyoutuberのオススメパソコンランキングで1位になっていたのがきっかけに知りました。

Dell inspironのスペック

Inspiron 14 5415
価格 64,676円(6月4日時点)
OS Windows 10 Home/Pro
CPU AMD Ryzen 5 5500U
外部GPU なし
RAM(メモリ) 8GB
ストレージ 256GB
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ(1,920 x 1,080)
入出力 USB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen1 × 2、HDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(720p)
バッテリー 54WHr
サイズ 321.27 × 212.8 × 17.02-17.99 mm
重量 1.442-1.461 kg

※ CPU、メモリ、ストレージはカスタマイズ可能です。

特徴

最大の特徴はAMD Ryzen 5 5500U』というかなりハイスペックなCPUを搭載していながら6万円台で購入できるというコスパの良さです。

CPUというとインテルのcoreシリーズをイメージする人が多いと思います。

Ryzenシリーズはインテルに対抗するCPUとして今注目されています。

特徴はなんといっても価格の安さ。
高性能のスペックでありながらcoreシリーズよりも価格を大幅に抑えることができます。

注意点は一部のソフトで細かなバグが発生する例が報告されていることです。
私は3か月ほど使用していますが、いまのところバグの発生はしていません。

たくさんのソフトを利用する人は注意が必要かもしれません。

インテルに比べてまだ新しいCPUのため、この辺りは今後改善されるかもしれません。

CPUのスペックだけなら軽いゲーミングパソコンとしても使える程のスペックです。

見た目

高級感のアルミをボディに採用しています。見た目は10万以上するパソコンと言われてもわかりません。底面のボディは樹脂でできており、こういった部分でコストカットをしているようです。個人的には全く気になりません。

形状

手前ほど薄くなるスタイリッシュな形をしています。全体的に薄く鞄に入れても気にならないサイズです。画面を開くとキーボードが若干傾く形状になってます。

重さ

持ち運びができる軽さです。ただし、軽さを売りにしているほどのパソコンではないので驚くほどではないです。個人的に持ち運びが苦にならない重さです。

立ち上がり

電源を入れてから1秒程度で立ち上がります。すぐに使い始められるのでストレスがありませんし、パソコンに向かうのが手間に感じなくなりました。メンテナンスをしっかりして反応が鈍くならないようにキープしたいです。

画面

ネットサーフィンやオフィスを通常使う範囲であれば充分な彩度です。画面のフレームも小さいためパソコンのサイズのわりに大画面で作業ができます。

 

 

音質もボリュームも普通といった印象です。私は音楽などを別のスピーカーにつなげて聞くので問題ありません。もちろんブルートゥース対応です。

処理速度

ネットサーフィン、動画など一般的な使用であれば全くストレスありません。サクサクです。むしろCPUがオーバースペック過ぎてもったいない気さえしています

とはいえ、メモリが8Gであるためゲーミングや動画編集をがっつり使用するのは厳しいようです。

実際にダビンチリゾルブを使って動画編集を試みましたが、メモリ不足で動画が止まることが多く厳しいようです。

30分ほどでパソコンが高温になってしまったので動画編集をする場合には向いていません。

キーボード

タッチ感は軽すぎず、押している感覚があるので私の好みです。もう少しひとつひとつが大きいと打ちやすいのですが、このサイズ感なので仕方ないかと思います。

全体の配置が通常のキーボードより右に寄っている感覚があります。慣れれば問題ありませんが最初は違和感を感じました。

良い点

立ち上がり、反応が早くストレスなし

これほどパソコンが変われば作業効率がかわるのかと驚きです。さらに気持ち的にもストレスがなくなるので長時間作業していても苦じゃなくなりました。

持ち運びもできるサイズ、重さ

個人的には持ち歩くことはそんなにありませんが、14インチであればたいていの鞄に無理なく入りますし、重さも気になりません。据え置き、持ち歩きどちらもいけるちょうどいいサイズです。

スタイリッシュで気分が上がる。カフェに持ってきたい。

メタリックでシャープな見た目です。高級感があるためカフェ見せつけたいです。Macに劣らないデザイン性です。

悪い点

CPUのスペックの高さのわりにメモリが8Gとアンバランス

超ハイスペックなCPUですが、メモリは8Gとなっているためゲーミングやがっつりした動画編集は厳しいようです。

メモリが足を引っ張っている点が残念です。個人でメモリの増設もできる用ですが、いまのところ動画編集などの予定もないしパソコンをいじるのに抵抗があるためこのまま使用していきます。

ハイスペックがゆえにオーバースペック

通常のネットサーフィンや動画を見る程度ならここまでのPCはいらないかもしれません。そこまでのスペックを求めないのであれば4万台のパソコンで充分かもしれません。

前回モデルからの改善点

前回シリーズで、最も多かった残念な口コミはキーボードの『Delete』が小さすぎてタイプミスを誘発していたこと

今回シリーズではしっかり改善してタイピングのしやすさが向上しました

そのほかわずかにバッテリー性能が上がり、重さも軽くなりましたがこの辺りは正直体感としてはわからないかもしれません。

Dell公式HPでの購入特典

Dellのパソコンを購入するのであれば必ず公式HPで購入してください。

公式HPであれば限定クーポン最大23%オフがあり、公式HPが一番安いからです(割引率は日によって変わります)。

Dell公式

購入の際にはクーポンコードの入力を忘れずに。
これだけで1万5千円以上安くなります。

さらに、通常クーポンでなく特別クーポンの存在もお伝えします

特別優待クーポン 
※ 通常クーポンの方が割引率が高いこともあります。比較して安い方を使用してください。

使い損ねて損をしないように注意しましょう。

まとめ

以上、4月発売最新『Dell inspiron14』を実際に使ってみてレビューでした。最近はパソコンが快適で使う時間が増えました。動画流しながらネットサーフィンしてブログ書いて(この記事ももちろんinspironを使って書いてます)ます。

安い買い物ではありませんでしたが、結果的にはコスパのいいパソコンに出会えたので満足です。今のパソコンの性能に不満がある方は検討の価値ありです。

人気モデルのため受注生産タイプは注文から到着までかなりの時間を要しましたのでご注意ください。注文から到着までの期間についてはこちらをご覧ください。

【最新】2021年4月『Dell inspiron 14』いつ届く?出荷・到着の日数と原因
大人気シリーズ『Dell inspiron』。Dellのパソコンで気になるのは、なかなか届かないという口コミ・・・人気シリーズであるだけに今回も到着までにかかる日数は気になあるところ。実際に購入して何日で到着したのか経過ごとにまとめました。なぜそんなに納期に時間がかかる原因は輸送方法にある!?

コメント