アラサー同棲生活費。ギリプラスでした。【2021年7月版】

お金の話

同棲の生活費っていくらかかる?

費用負担はどうしてるの?

アラサー同棲のリアル生活費

こんな疑問に答えます。

アラサー同棲中のごりら(@gorira_oimoko)です。

アラサーの彼女と同棲を初めて5か月が経ちました。

同棲のリアルなお金事情って気になりますよね。
私もほかのカップルのお金事情は気になります。

そんな人には聞きにくいお金の話を赤裸々に書きます。

これが1か月分のアラサーカップルの生活費です。

スポンサーリンク

アラサー同棲に必要な生活費

私たちの生活環境はこんな感じです。

前提条件・アラサー共働き

・手取り23万×2人

・都心へ40分程の郊外在住

・駅徒歩3分、賃貸住み

・個人用の支出(服など)は含まない

7月収支

【収入】186,000円ー【支出】185,290円=【収支】710円

結果、+710円という結果になりました。

前月の6月は収支が+41,224円だったので支出が約40,000円増えました

同棲生活費の収入について

ゴリラ負担 100,000円
おいもこ負担 86,000円
収入合計 186,000円

186,000円が1か月分の予算です。

ゴリラが多いのは住宅手当が出ている分を彼女に還元するため金額に差を付けています。

給料日に186,000円が共通口座(SBI銀行)に振込まれるように設定をしています。

それぞれの負担額以外は自分で好きに使っていいルールにしています。

相手を気にせず使えるのでお互い不満なくやれています。

同棲生活費の支出について

〇7月同棲生活費

家賃 ¥112,330
食費 ¥31,385
娯楽費 ¥17,072
日用品費 ¥9,559
水道・光熱費 ¥8,324
自動車費 ¥6,620
合計 ¥185,290

前月に比べて、支出が40,000円増えていました

なんでそんなに増えてるの!?

不正利用されてる!?

支出が前月比4万増えた理由

調べたら理由はすぐにわかりました。

要因は旅行に出かけたホテル代、交通費(ガソリン代)、外食代の約3万円が原因でした。

先日プロポーズするための温泉旅行に連れて行ったのですが、テンションが上がってもう一泊宿をとって延泊しちゃいました。

プロポーズしたときの高級温泉旅館代はちゃんと自分で払いました。

イベントの支出なのでこういったお金は全然いい使い方だと思っています。

あまり切り詰めるとお金を貯めるための生活になってしまうので、2人が使いたいものにはしっかり使っていきたいと思います。

ちなみにこれらのデータはすべてアプリが管理してくれています。

このアプリを入れておけば、支出の内訳や分類がすぐにわかって便利ですよ。

アプリの優秀さはこちらの記事で紹介しています。

404 NOT FOUND | アラサー同棲ブログ
同棲や結婚を考えている人にリアルタイムで役立つ情報を発信します。

固定費をできるだけ抑えるのが貯金の肝

家賃設定を間違えると地獄

家賃の締める家計の割合が圧倒的に高いです。

家賃だけで60%以上を締めています。

同棲を始める場合は、家賃設定を間違えると絶対に貯金が貯まりません。これは上の円グラフを見ればよくわかると思います。

住み始めてから家賃を下げるためには

  1. 家賃交渉をする
  2. 引越しをする

の2つしかないと思います。

家賃交渉はできたとしても更新のタイミングです(実際に下げてもらえるケースは稀)。

引越しをするためにはまた50万以上のお金がかかるため現実的ではありません。

私たちは共働きなので家賃をもう少し上げることもできましたが、固定費を抑えるために満足できる物件が安く見つる努力をしました。

譲れないポイントを絞って物件探しをすれば意外といい物件がみつかるかもしれません。

間取りは広めですし、築年数は自分より年上の物件ですがリノベーションされており不満なく快適に暮らしています。

車は金食い虫の贅沢品

プロポーズも成功したし、週末の買い物や旅行に車があれば便利だね。

憧れのマイカーでドライブしたいな!

ということで車を購入した場合いくらかかるのか調べてみました。

車の固定費(クラウン想定)【NステージHPから】
車種のイメージ トヨタ クラウン
総排気量 1.690L
燃費(WLTCモード) 12.4km/L
自動車税種別割(年間あたり) 3万6,000円
自動車重量税(年間あたり) 1万6,400円
自賠責保険料(年間あたり) 1万5円
車検代(1回あたり) 4万1,000円+自賠責保険+整備費
ガソリン代
(年間走行距離4,800kmの場合)
5万4,696円
駐車場代 10万400円
任意保険(※) 9万8,400円
年間あたり 33万6,401円
2年間合計 67万2,802円
1か月あたり 2万8,033円

なんと維持費だけでなんと1か月2万8000円かかるそうです。

維持費なので車両代は含まれません。

仮に200万の車を3年ローンで購入した場合、さらに月5.5万円の支出。

維持費と合わせると車だけで月83,000円の出費になります。

車はガソリン代以外は基本固定費なので乗らなくても持っているだけで毎月お金が出ていくことになります。

今回は旅行に行くためレンタカーを借りました。

たまに車で遠出したいときはニコニコレンタカーという格安レンタカーを借りています。

コンパクトカーを12時間3,000円程度で借りられます。

この金額をみて、週末出かけるための車なら圧倒的にレンタルが安いということがわかりました。

仕事でどうしても必要な場合以外は必要な時に借りるのがお金の面では一番賢いのではないかと思います。

車を買う余裕があるのであれば、家賃が2~3万が高くなっても駅近や職場に近い物件を選んで通勤を楽にした方が幸せになれるんじゃないかと思います。

ということで我が家は車はレンタルでという結論に至りました。

まとめ

以上アラサー同棲生活費7月についてまとめました。

先日別の記事にも書きましたが、無事プロポーズを終えて将来の話しがいろいろではじめてきました。結婚式や家、車などお金がかかる話題がたくさんです。

必要なものにお金を使えるように、抑えるところを抑えて資産を築きたいと思います。

貯金を1,000万円貯めるためにまず必要なことは別の記事で書いています。

楽に貯金・結婚資金を貯める具体的方法【その1固定費の見直し】
・結婚式を貯めなきゃいけない ・なかなか貯金が貯まらない ・楽してお金を貯めたい そんな悩みを解決します。 アラサー同棲中ゴリラ(@gorira_oimoko)です...

お金関係は圧倒的に私の方が強いのでしっかり管理してお金に困らない生活をさせられるように勉強していきたいと思います。

コメント