同じブライダルフェアに2回目はバレる?実は参加しても問題なし!

同じブライダルフェアに2回参加しても大丈夫?
ブライダルフェアに2回参加したらバレる?
2回参加するメリット・デメリットは?

現在結婚式の準備中のトモです。

結婚式場を妥協できない性格の私たちは10会場回って悩み抜いた末、無事結婚式場を決めることができました。

ブライダルフェアという言葉すら知らなかった状態から気付けばブライダルフェアの裏側までめちゃくちゃ詳しくなっていました。

式場探しをして思ったことは、知らなくて損している人が多すぎるということ。

知っているだけで誰でも数十万円は節約できます。

実際私たちもすでに130万円以上節約に成功しています。

結婚式場に迷っている人、これから探そうと考えてるカップルに向けて有益な情報を発信しています。多くの人が満足できる式場探しができますように。

今回は同じブライダルフェアに2回行っても大丈夫初めてと嘘を付いたらバレるという疑問について解説します。

スポンサーリンク

結論:嘘はすぐにバレる

まずは結論から。

同じブライダルフェアで初めての参加という嘘はすぐにバレるのでやめましょう。

なぜか。

それは、参加履歴を式場ですべて管理されているから。

予約した時点で参加歴があることがすぐにわかります。

同じ式場で初めてと嘘を付くのはやめましょう

逆に、式場が違えば初めてという嘘がバレることはありません

ですがこれもオススメしません。なぜなら、嘘を付くデメリットが大きいから。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

では、同じブライダルフェアに2回参加しない方がいいのか。

答えはノーです。

むしろ本命の式場なら2回参加した方が絶対に良いです

詳しく解説していきます。

実際に2回参加してみた結果

私自身、今の式場のブライダルフェアには2回参加しました。

当初の理由は、他の式場とじっくり比較をしたかったから。

1回目のフェアの際にはあの手この手で引き留めにあいましたが、結果として2回目で契約をして良かったでです

一番よかったのは1回目で即決するよりも50万円以上の特典を付けてもらえたから。

これは確実に1回目のフェアでは貰えません。

ブライダルフェアに2回参加するメリットは他にもありますので詳しく解説します。

2回行くメリット

実際にブライダルフェアに2回参加して思ったメリットについて解説します。

気になった点を冷静に確認できる

どんな式場でも気になる点は必ず出てきます。

問題はその気になる点が許容できるものか

2回フェアに参加すれば、1回目のフェアで気になった点が許容できるものか確認ができます。

1回目のフェアは情報が多すぎて冷静に判断するのは至難の業。

それに加えて巧みな営業トークや豪華な試食などで揺さぶりがかかります。

2回目なら一度時間を置いて考えることができているため、後悔のない判断を冷静にしやすいです。

他の式場との比較検討ができる

2回目のフェアに参加するまでに複数の式場のフェアに参加しておきましょう。

そうすれば、その式場の良いところ・悪いところがはっきりわかるようになります。

例えば、

  • チャペルが1番イメージに近い
  • 披露宴会場は日当たりが良い方がいい
  • 駅から近くて行くのが楽

など、比べて気づける良さ・悪さがあります。

値引交渉が有利になる

これが1番のメリットです。

1回目で即決するより圧倒的に交渉が有利です。

交渉が有利になる理由は2つあります。

  • 他式場の見積もりで競わせる

最近の市場調査によると、コロナの影響により結婚式を挙げない人が6割になったことがわかりました。

式場側は客(結婚式を挙げたい人)を必死に奪い合っている状況。

いわゆる、買い手市場です。

一昔前は結婚式場の予約がなかなか取れない時代もありましたが、今は立場が逆転しているんです。

そうなると嬉しいことに価格競争をさせやすいんです。

価格競争をさせる方法は簡単。

他式場の安い見積もりを見せるだけ

それを出されると式場としても値下げせざるを得えません。

  • 本気が伝わるからギリギリまで交渉できる

営業はどんな人の値下げに応じてくれるでしょうか。

一番は、本気で契約の意思がある人です。

契約するか変わらない人には本気で応じてくれません。

その労力が無駄になる可能性があるからです。

フェアに2回目の参加なら本気の意思が充分伝わります。

なので交渉に本気で対応してくれる可能性が高まります。

詳しい交渉の方法についてはこちらの記事で解説しています。

複数のスタッフの対応を確認できる

式場にはたくさんのスタッフがいます。

スタッフの人の印象は契約する上で重要なポイント。

2回参加することでより多くのスタッフの対応を確認できます。

実は、結婚式当日に対応するスタッフにはアルバイトがたくさんいます。そのため、全員のスタッフの対応を確認することは不可能です。

大切なのは式場の教育力

複数のスタッフの対応を見て式場の教育がしっかりされているか確認しましょう。

時間帯の雰囲気が確認できる

参加する時間帯を変えれば違った雰囲気の会場を見ることができます。

特に

  • ガーデニング付き
  • 見晴らしのいい式場
  • ナイトウエディング

の場合、日光の当たり方や照明の仕方で印象が全然違う場合があります。

希望の時間帯が決まっているなら実際の時間に参加してみることをおすすめします。

違う料理が食べられるかも

参加するフェアによって出てくる料理が違うケースがあります。

また、同じフェアでも季節によって料理を変えていることが多いです。

もう一度料理の味を確認したいと伝えれば2回目でも快く試食させてくれます。

リアルな見積りがもらえる

何回かブライダルフェアに参加すればわかりますが、ブライダルフェアで出てくる初期見積もりは安く見せるテクニックが使われています。

例えば、

  • 料理のコースが最安コース
  • ドレスは1着で最安(ほぼ選べない)
  • 必要なアイテムが入っていない

これらはもはや常識です。

ですが慣れてくるとチェックするポイントがわかってきます。

こちらの要望通りに見積もりを作ってもらえればリアルな見積もり(最終見積りに近いもの)をもらうことができます。

初期見積もりの金額でできると思ったら100万円以上費用が増えたなんて話はザラです。

そんな目に遭わないように出来るだけ最終見積もりに近い金額でもらいましょう。

その他詳しい見積もりのチェックポイントについてはこちらの記事をご覧ください。

2回行くデメリット

それでは、2回行くデメリットはないのでしょうか。

もちろんデメリットもあります。

時間と手間がかかる

同じ式場に2回行かなければならないので当然手間と時間はかかります。

ブライダルフェアの所要時間は平均3時間

場所も自宅から遠いことが多いでしょう。

また、1人ならすぐにいけますが、ブライダルフェアには2人で行く人がほとんど。

パートナーが結婚式に積極的でないと何度もフェアに参加するのを嫌がるかもしれません。

最悪の場合、ケンカになることも。

できるだけ負担にならないように対策をしていきましょう。

疲れないためのポイントはこちらの記事をご覧ください。

来店特典はもらえない

ブライダルフェアの特典には大きく2種類あります。

来店特典 ➡ 商品券や粗品

成約特典 ➡ 20万円割引、ドレス1着無料

このうち、来店特典は1回しかもらえません。

一方、成約特典2回目の来店でも貰えます

初回来店時だと

1件目特典は今日申込まないと無くなります!

と必ずのように言われますが、あれは営業トーク

確かに1件目特典という名前の割引は無くなりますが、違う名前で割引をしてくれるのでご安心を。

しつこい営業にあう可能性がある

1回目の来店は本気で契約するつもりのない人もたくさんいます。

試食目当てだったり、来店特典目当てだったり。

しかし、2回目の来店の場合、明らかに契約の意思があると伝わるため営業も契約のチャンスだと張り切ります。

そのため、営業が前のめり(しつこく)なる可能性があります。

逆にその食いつきを上手く利用すれば、安く結婚式を挙げるチャンスです。

式場探しに迷ったら

即決するのは1番損ですし、後悔する可能性が高いので絶対におすすめしません。

一方、たくさん回りすぎてどこが良いのかわからなくなる人もよくあるパターン。

実際私たちとそうでした。

そんな人は一度相談カウンターを利用するのがおすすめ。

専門のプランナーさんが希望に合った式場のアドバイスをくれます。

いろんな式場の特徴やメリット・デメリットに詳しいのであなたの悩みを整理してくれるでしょう。

オンラインで相談できるのもうれしいポイント。

それなのに相談は無料(パケット代は各自負担)。

ハナユメは式場から掲載料や紹介料をもらっているので利用する人は無料で相談ができるんです。

悩んでいることがあるなら一度相談してみるのもいいと思います。

オンライン相談の様子

\無料で専門家に悩みを相談!/

相談デスクを利用

/当日予約OK!30分後対応可!\

まとめ

同じブライダルフェアに2回参加することはできるかについて解説しました。

まとめると、

2回参加することは問題ない。むしろおすすめ。
同じ式場で1回目と嘘をつくのはバレる
2回目で営業を本気にしてしっかり交渉する

結婚式は今完全に買い手市場です。

お得に挙げたいならしっかり比較をして2回目のフェアで交渉してお得に契約を勝ち取りましょう。

コメント