2021年6月最新JACCS(ジャックス) 株価分析【高配当株】

お金の話

 

・ジャックスってどんな会社?

・ジャックスの株ってどうなの?

・ジャックスの業績はいいの?

こんな疑問に答えます。

最近世界同時株高の影響で投資に興味を持つ人が増えています。

私の周りでも関心を持つ人が増えており、相談を受けることが多くなりました。

特に初心者は投資=株のイメージを持っている人が多いです。

今回は株の中でも日本株高配当株として注目した『JACCS(ジャックス)』(8584)を分析します。

ジャックスは登録者数130万人を誇る有名チャンネル『リベラルアーツ大学』(通称、リベ大)の両学長も注目株として紹介しています。

スポンサーリンク

ジャックス株の結論

以下の3点から買う価値ありと判断しました。

  • 判断ポイント業績が堅く右肩上がり
  • 高配当
  • 株価に割高感はない

内容を解説していきます。

ジャックスはどんな会社

ジャックスといえばクレジットでしている人も多いのではないでしょうか。

クレジット事業をメインにローンや保障、輸入車事業を手がけています。

最近はと東南アジアへの進出など海外展開にも力を入れているようです。三菱UFJ系列と資本提携を結んでいる金融系の企業です。

ジャックスの株価

2,619円(2021年6月7日現在)

株価推移

コロナショックで暴落後、順調に値を戻してコロナ前の水準まで復活しています。

 

 

ジャックスの経営状況分析

ジャックスの過去売上高

営業利益 前年度比
2016年 1196.5億 ⁺5.26%
2017年 1340.5億 ⁺12.03%
2018年 1458.3億 ⁺8.79%
2019年 1586.1億 ⁺8.76%
2020年 1606.5億 ⁺1.29%

9年連続の増加。堅実な右肩上がりです。

ジャックス株のEPS

EPS・・・1株あたりどれだけ儲けがでているか。多ければよい。
EPS = 当期純利益 ÷ 発行株数
2016年 252.9円
2017年 227.3円
2018年 260.1円
2019年 311.6円
2020年 340.7円

こちらも10年以上増加傾向です。

ジャックスの過去の業利益率

10.2%

営業利益率は最低5%以上は欲しいと思ています。10%を超えるとすごいという印象です利益率です。

10年以上連続で9%を超える高水準を維持しています。この辺りはさすが金融系です。

ジャックスの当期純利益

当期純利益
2016年 87.2億
2017年 78.6億
2018年 89.6億
2019年 107.3億
2020年 117.8億

10年以上ほぼ右肩上がりです。

ジャックスの自己資本比率

経営資本のうち、自社のお金の割合。高い方が借金が少ないことを表す。

3.8%

通常自己資本比率は半分は持っておきたいところですが、銀行、クレジット、ローンの事業の金融系企業は自己資本比率がかなり低いです。

これは、貸付をするお金はどこからか借りているお金で事業をしているからです。
普通の企業ならあり得ない率ですが、問題ないでしょう。

ジャックス株の配当利回り

4.77%

3%を超えれば高配当といえます。

充分な高配当株です

ジャックス株の配当性向

儲けのうち、配当金として使っている割合。低い方が余裕をもって配当を出していることを示す。

27.8%

まだまだ余裕があります。

ジャックス株のPER

PER ・・・ 株価収益率。株価の割安感を知るための指標。低ければ割安を示す。
PER = 株価 ÷ EPS(一株あたりの収益)

7.68倍

種類にもよりますが、10倍前後が標準とされています。

ここ1年でだいぶ上がりましたが、まだ割高ではないと判断しています。

ジャックス株のまとめ

割安感までは言えませんが、堅実に業績を伸ばしており、財務的には優良企業です。

高配当株としては合格です。

割安とまで言えませんが、今後の期待を込めて10株購入しておきました。

今後の株価の上昇と配当金収入2つの恩恵に期待です。

1株単位で買えて手数料無料で買えるのは投資初心者にとってありがたいですね。

100株単位で購入するにはまとまった資金が必要ですし、投資できる企業が少なくなるのでリスクが伴います。

SBIネオモバイルなら少ない資金でコストをかけずに株が買える点でこれから始める人にとてもおすすめです。(ただし、購入できるのは日本株に限られているため外国株を始めたい人は楽天証券がおすすめ)

ジャックス以外に購入している高配当株についてはこちらで紹介しています。

404 NOT FOUND | アラサー同棲ブログ
同棲や結婚を考えている人にリアルタイムで役立つ情報を発信します。

投資は勉強することも大切ですが、勉強は継続してする必要があるため終わりがありません。

また、実際に始めて知れることも多いので1,000円からでもまずは始めてみることをおすすめします。

運用期間が長ければ長いほど運用益は大きく、資産を増やせるチャンスが増えます。つまり、早く始めた人ほどお金を増やすチャンスが大きいことになります。

時間を味方につけて資産を増やしていきましょう。

 

コメント