【超簡単】プロフィールブック無料で手作りDIY!具体的方法を完全解説!

初心者がプロフィールブックDIY!無料で手作りできる方法を完全解説!

 

プロフィールブックって手作りできるのかな?

必要なものは?

おしゃれに作る方法を知りたい!

そんな花嫁さんの疑問に答えます。

嫁

私たちは2022年に結婚式を挙げた新婚です。

できるだけお金をかけずに調べ尽くして結婚式の費用を85万円節約できました!

費用は抑えたいけど、しょぼくはしたくない・・・

工夫次第で安くてもしょぼくならない式はできます。

このブログ『ウェディングの寺子屋』では私たちの結婚式の経験をもとにこれから結婚式を挙げる人が役立つ情報をまとめています。

この記事を書いた人
とも

・式場選びで1度騙されて失敗
・独学でブライダル業界を研究
・参加したフェアは10会場以上
・153万円の値引交渉に成功
・安くでもしょぼくない結婚式を発信

ともをフォローする

今回は「プロフィールブックが手作りする方法」について紹介します。

結論をお伝えすると、プロフィールブックは手作りすることができます。

この記事を読めば、

  • プロフィールブックの作り方
  • おしゃれに作るポイント
  • 手作りのメリット・デメリット

がわかります。

プロフィールブックはゲストに新郎新婦を知ってもらうだけでなく、披露宴を盛り上げてくれるアイテム。

素敵なプロフィールブックを準備をしてゲストに喜んでもらいましょう!

プロフィールブックとは

プロフィールブック

プロフィールブックはゲストに渡すペーパーアイテムの1つです。

プロフィールブックはゲストに2人のことを知ってもらう目的があります。

嫁

ゲストはお相手のことを知らないことも多いので、どんな人なのか関心が高いです。

結婚式は新郎・新婦がお色直しなどでゲストを待たせてしまう時間もあります。そんな時間にプロフィールブックを読んで過ごしてもらうことにも役立ちます。

初めて会うゲストでもプロフィールブックの話題で披露宴を盛り上げてくれるアイテムにもなりますよ。

プロフィールブックの相場はいくら?

相場はいくら?

プロフィールブックを準備する方法は3つあります。

  • 式場で頼む
  • 外注業者に頼む
  • 手作りする

それぞれ相場はこれくらいです。

1人あたり60人の場合
式場1,100円66,000円
業者510円30,600円
手作り55円3,270円

式場や業者によって金額は違いますが、手作りの場合ほぼ印刷代だけで作れるので圧倒的に安いです。

また、結婚式場ではプロフィールブックを作ってくれない場合も多いようです。

実際私たちの式場はプロフィールブックは作ってくれなかったです。

結婚式場は手間がかかるものを嫌うので、作ってくれても自分好みにアレンジしてもらうことは難しいです。

手作りに必要なもの

プロフィールブックを手作りするときに必要なものは3つです。

  • パソコン
  • 写真
  • パワーポイント or google slides or Canva

パワーポイントがパソコンに入っていない人はWeb版を使えば無料で利用できます。

Googleアカウントを持っている人はパワーポイントと互換性のある『google slides』でもOK。

最近は『Canva』(キャンバ)というWebで使えるデザインサイトも人気があります。

『Canva』は無料で使えて素材も豊富なので、席次表やウェルカムボードなど他のデザイン作成でも使えるのでおすすめです。

プロフィールブックの内容

プロフィールブックの基本的な構成について紹介します。

ページ数

プロフィールブックは冊子にするのが定番で人気があります。

サイズはA4かB5が一般的です。

ページ数は必ず4の倍数にする必要があります。

製本するときに折る必要があるからです。

内容にもよりますが、4~12ページにしましょう。

個人的には8ページがおすすめです。

ボリュームを出したい人は12ページ。それを超えると読むのが負担ですし飽きてしまいます。

コンテンツの例

プロフィールブックに何を書くかでオリジナリティを出すことができます。

よくある例としては

  • 挨拶文
  • 新郎新婦の自己紹介
  • 成長の過程(写真付きで)
  • 2人の歩み(馴れ初め)
  • 披露宴の進行表
  • 料理、ドリンクのメニュー
  • 席次表

オリジナリティを出したいなら

  • 家族、ゲスト紹介
  • 結婚式のアイテム紹介
  • 新郎新婦クイズ

のようなアイディアもあります。

自分達が知って欲しいこととゲストが知りたいことを考えてコンテンツを考えると決めやすいですよ。

レイアウト

内容が決まったら大まかなレイアウトを決めます。

お気に入りの写真があれば、写真をどう使うかを先に決めるとレイアウトが決まりやすいです。

1ページをブロックに分けて、どこに何を書くかざっくり決めていきます。

細かいスペースの調整は後でできるので、大まかな設計だけしましょう。

おしゃれなプロフィールブックを作るコツ

せっかく作ったけど、素人感丸出しで恥ずかしい

とならないように、おしゃれに見えるデザインのコツを紹介します。

フォントにこだわる

フォントは文字の印象を視覚的に変えます。

例えば、

  • 明朝体→かっちり
  • ゴシック→力強い

などフォントを変えるだけで印象がガラッと変わります。

しっくりくるフォントがない

という人は無料でダンロードできるおしゃれなフォントもあるので探してみましょう。

3色以内で統一感を出す

カラフルな色を使いすぎると統一感が無く、素人感がでます。

デザインに慣れている人以外はメイン色は3色以内を意識しましょう。

最近のトレンドは「くすみカラー」が流行です。

落ち着いた雰囲気が好きな人はチャレンジしてみてください。

お手本を用意する

いきなり0からデザインをするのはかなり大変です。

自分が作りたいプロフィールブックに近いものを参考にすると一気に簡単になります。

全く同じデザインをパクるのは問題がありますが、イメージの参考に使うことは問題ありません。

Instagramにプロフィールブックがたくさん投稿されています。

「#プロフィールブック」で検索してみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ena(@eeeeeena.5)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@____s25t____がシェアした投稿

プロフィールブックDIYの手順

ここからは具体的な作成の手順を紹介します。

一番使っている人が多いパワーポイントの例で解説します。

①事前準備

作成に入る前にパワーポイントの設定を確認します。

通常設定だと綺麗に仕上がらないので注意してください。

画質設定の変更

パワーポイントに写真を入れたときに画質が荒くならないように設定します。

パワーポイントを開いて、

  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「オプション」をクリック
  3. 「詳細設定」をクリック
  4. 「イメージのサイズと画質」の「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れます。

これで写真の画像が荒くなるのを防ぐことができます。

サイズを指定する

標準のA4サイズを使うと印刷余白分若干小さくなってしまいます。

端まで綺麗に印刷するためにはサイズをカスタムする必要があります。

1.「デザイン」タブの「スライドのサイズ」をクリック

 

2.「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリック

 

スライドのユーザー指定⇒ユーザー設定

幅⇒29.7cm

高さ⇒21cm

に設定をして「OK」を押します。

「新しいスライドサイズに拡大縮小します。…新しいスライドサイズに収まるように縮小しますか?」

というメッセージが表示されたら「サイズに合わせて調整」を選択してください。

これでサイズの指定は完了です。

②作成

レイアウトを決める

プロフィールブックのレイアウトに決まりは無いので、自由に決めてOK。

後からレイアウトを変更しようとすると手間なので最初にざっくりとレイアウトを決めます。

ページの順番に注意

最終的には二つ折り製本にするのでページの順番を間違えやすいのでご注意を。

× 1,2,3・・・

〇 8,1,2,3・・・

の順番で作成します。

カラーを決める

統一感を出すためにテーマカラーを設定しましょう。

イメージしているプロフィールブックがあればそれに近づけます。

イメージする色を再現するには「スポイト機能」が便利です。

画面をクリックするだけで同じ色に仕上げてくれます。

例えば、図形の色を変える場合、

  1. 色を変えたい図形を選択
  2. 「書式」タブの「図形の塗りつぶし」を選択
  3. 下の方の「スポイト」を選択
  4. 再現したい色にスポイトを合わせてクリック

すると、図形が選択した色と同じになります。

同じ要領で、文字や背景の色も自由自在に変更できます。

文字を入れる

タイトルやメッセージを配置します。

【表紙に入れる文字の例】

  • Welcome to our Wedding Reception(結婚披露宴へようこそ)
  •  Just Married(結婚しました)
  • Introductuion(紹介、お披露目)
  • 新郎新婦の名前
  • 結婚式の日付

来てくれたゲストに向けてメッセージを入れると、気持ちがこもったプロフィールブックになります。

【メッセージの例】

  • ゲストへの感謝
  • 現在の心境
  • これからの生活の意気込み
  • オリジナルのメッセージ

文字を入れるときの注意点があります。

1.読みやすい色、フォントを選ぶ

文字なので読みにくいのはNGです。背景の色のバランスを考えましょう。

写真の上に文字を乗せる場合は、写真を邪魔しないようにします。

写真の上に透かしをいれた図形などに文字を重ねると違和感なく読みさすくできます。

2.NGな言葉は使わない

結婚式では避けるべき言葉がいくつかあります。

①忌み言葉

縁起が悪い言葉のことです。

例) 終わる・切れる・四・九・離れる など

②句読点

区切れ、終わりを連想する「、」「。」の句読点も避けます。

③重ね言葉

同じ言葉を繰り返す言葉です。

結婚は1度という意味で繰り返す言葉はNGとされています。

例) たびたび、わざわざ、重ね重ね など

 

③印刷

原稿ができたら印刷作業です。

プリントは必ず業者に依頼します。

家庭用やコンビニのプリンターでは安っぽい仕上がりになるので、一気に素人感が出てしまいます。

プリントパックなどのネット印刷を使えば、数千円で印刷会社の仕上がりにすることができます。

PDFデータで保存

ネット印刷をするために、パワーポイントデータをPDFに変換します。

PDFへの変換方法

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 「印刷」を選択
  3. プリンターを「Microsoft Print to PDF」に変更
  4. 「印刷」
  5. 好きな場所を指定して保存

※OSがWindows10以降の場合の方法です。

印刷サービスで入稿

ネット印刷を使えば

  • 安く
  • 早く
  • 簡単

に仕上げることができます。

受注のコストを削減しているため安くできるサービスです。

商品の品質が悪いということは無いので安心してください。

心配な人は試刷りをすることもできます(オプション料金はかかります)。

入稿してから7日程度で完成したプロフィールブックが届きます。

早くお願いすることもできますが、その分費用は高くなります。

手作りするメリット・デメリット

具体的にプロフィールブックを作成する方法について解説しました。

実際にプロフィールブックを手作りしてみて、メリット・デメリットどちらも感じました。

どちらが自分にとって大きいのか考えてみてください。

メリット

安く作れる

費用が大幅に節約できるのは手作りの最大のメリットです。

業者にもよりますが、費用を10分の1程度に抑えることができます。

少しでも節約したいという人にはおすすめです。

自分好みのデザインにできる

業者にプロフィールブックをお願いした場合、ある程度はカスタマイズができても変更できない部分が多いです。

デザインにこだわりや自信がある人は自分だけのオリジナルプロフィールブックを作ることができます。

当日さりげなく司会に手作りであることを紹介すればちょっぴり自慢できます。

期日ギリギリまで修正できる

自分で直接修正ができるので、ぎりぎりまで修正ができます。

特にゲストの名前を入れる場合は修正が必要になることもあります。

コロナ禍の結婚式の場合、招待状の回答後の欠席は珍しくありません。

印刷の時間があるので直前の修正はできませんが、業者に依頼するよりも期限を延ばすことができます。

デメリット

素人っぽさがでることも

普段デザインやパソコン操作に慣れていない人には難易度が高いかもしれません。

特にデザインセンスに自信がない人は頑張って作ったけど、完成品に納得できない・・・

なんてこともあり得ます。

デザインは勉強やコツも必要なので、一から勉強するには時間が必要かもしれません。

時間と手間がかかる

結婚式はプロフィールブック以外にも準備しなければいけないことがたくさんあります。

仕事が終わってから式の準備をする人も多いです。

限られた時間で何に手間と時間をかけるかは重要。

なんでもやろうとするといっぱいいっぱいでせっかくの結婚式が楽しくできないかもしれません。

プロフィールブックのテンプレート

手間もお金もかけたくない…

そんな人はプロフィールブックのテンプレートを使うのがおすすめです。

テンプレートといってもパワポで自由に編集ができるので、オリジナル感を出すことができます。

レイアウトや構成の大枠ができているので、デザインが苦手な人や時間が無い人でも簡単につくることができます。

お金も1,000円~3,000円程度で買うことができます。

最初から作って数か月かかることを考えればコスパは高いです。

テンプレートはココナラにたくさん出品されています。

自分で作りたい人もイメージの参考になるかもしれません。

\初回300円クーポン付き/

プロフィールブックのQ&A

プロフィールブックのよくある質問に答えます。

いつから準備すればいい?

業者の場合は、結婚式の1か月半までに依頼する必要があることが多いです。

データのやり取りやメッセージの構成などの調整があるので完全にお任せではありません。

手作りの場合は1か月半前には作業を始めることをおすすめします。

ぎりぎりに始めて時間がなくて満足できないまま当日を迎えることが無いように。

テンプレートを使う場合は2週間程度で充分です。

大きなアレンジをしないのであれば、原稿は1日でも完成させることができます。

プロフィールブックはいつまでに完成してればいい?

自分で用意したアイテムを式場に持ち込む日は式場から指定されることが多いです。

一般的には挙式日の1~3日前に荷物を搬入します。

それまでにはプロフィールブックを完成させておきましょう。

まとめ

プロフィールブックの手作り方法について解説しました。

まとめると、

  • プロフィールブックは手作りできる
  • 費用は業者の10分の1程度
  • 自信がない人はテンプレートの購入がおすすめ

プロフィールブックはゲストに2人を知ってもらうための大切なアイテムです。

素敵な式場に負けないくらいおしゃれでこだわったものにしたいですね。

嫁

それでは良い結婚式を!

 

コメント