ブライダルフェアでタダ飯フルコースを堪能。試食目当ては荒らし?

ブライダルフェアの最大の魅力の1つ。

美味しい料理の試食。しかも無料。

え?それなら試食目当てで何件も回っていいの?

そんな疑問に答えます。

私自身ブライダルフェアに10会場以上参加して無料の試食を食べまくりました。

ブライダルフェアの試食を楽しむための方法や注意点を解説します。

式場探しは一生に1度。

素敵な式場を見つけるついでに、無料の試食を楽しみましょう。

スポンサーリンク

結論:試食目当てでも全く問題なし

早速結論から。

ブライダルフェアに試食目当てで参加しても全く問題なし。

ただし、例外があります。

それは、結婚式を挙げる可能性がない人は常識的にNG。

例えば、

  • 既に結婚式を挙げている既婚者
  • そもそもパートナーがいない人

こんな人は式場に断られる可能性があります。(バレなければいいという考え方もありますが。)

ブライダルフェアはあくまで営業の場

結婚式を挙げる可能性のない人は常識的に考えて参加しない方がいいでしょう。

逆に挙式の可能性があるなら結婚が決まってなくてもOK

将来的に契約に繋がる可能性があれば式場としても来てもらうメリットがあるんです。

ブライダルフェアの試食でよくある疑問

無料の試食は食べたいけど、参加したことがないから不安。

参加前に思う疑問をまとめました。疑問は解消して、安心して試食を楽しみましょう。

そもそもブライダルフェアの無料試食って?

結婚式で実際に出される料理を食べて式場選びの参考にするためのもの。

牛フィレ肉や伊勢エビ、フォアグラなど贅沢な食材を使った料理を無料で試食できます。

結婚式が決まってなくてもいい?

挙式が決まっていなくてもOK。

ただし、既に挙式を済ませているなど結婚式をする可能性が全くない人は常識的に考えてやめときましょう。(バレなければいいという考え方もありますが。)

本当に無料?

ほとんどの場合は完全に無料です。

ただし、フルコースを試食できるような一部の式場ではお金がかかる場合も。

お金がかかっても格安の値段で食べられるのでお得なのは間違いなし。

無料or有料は予約の時にわかるので事前に確認しましょう。

どのくらい食べられる?

試食できる量は式場によってバラバラ。

同じ式場でもフェアによって試食できる内容が違うこともあります。

よくあるパターンを紹介します。

フルコース

実際に提供されるコースをすべて試食できます。

前菜からデザートまでしっかり食べられるので大満足のボリューム。

フルコースを出してくれるところは多くなく、有料の場合もあります。

ハーフコース

フルコースの半分。

前菜、メイン、デザートの3品程度。

男性の場合、満腹にはなりませんがそこそこ食べた感じはあります。

私が参加した中ではハーフコースが1番多いパターンでした。

ワンプレート

1皿に数種類の料理が少しずつ乗っているスタイル。

1食分としては少ないので空腹で参加すると物足りない。

数種類の料理の味が確認できるのはうれしいです。

メイン料理のみ

肉や魚のメイン料理1品。

ボリュームはありませんが、式場が自信のあるメインをしっかり試食できるのはメリット。

食材も牛フィレ肉や伊勢エビなど豪華なものを使っていることが多いです。

デザートのみ

デザートのみの試食。

食べた感じがしないし、肝心な料理の味も確認できないので不十分。

短めのブライダルフェアに参加するとデザートだけのことがあります。

どんな服装で行けばいい?

服装は普段着でOK

さすがにサンダルは浮いてしまいますが、ジーパンにTシャツのようなラフな服装の人もたくさんいます。

逆にスーツのような格好で来ている人はあまりいません。

当日の流れは?

アンケート → カウンセリング → 式場見学 → 試食 → 見積り

がよくある流れ。

週末の大きなフェアだと数組同時にフェアが進行されるケースも。

1組に1人担当の営業がついてくれて細かく説明をしてくれます。

時間はどれくらいかかる?

短くて2時間。平均は3時間程度

試食だけを食べて帰ることはできません。

一通りの説明を聞くと3時間程度かかります。

営業しつこくない?

式場によります。

契約が取れそう!と思われると長い営業につかまる可能性が高まります。

その日に契約するつもりがないならリップサービスなどで期待を持たせてはいけません。

はっきりと契約しないことが伝われば、しつこい営業はないです。

2人で以上で参加してもいい?

参加自体は問題ありません。

ただ、人数分の試食ができるかは確認が必要です。

たまに母親も含めて3人で参加する人もいますが、2人分しか試食できないとシェアをすることになります。

シェアは気まずいので人数分試食ができるか確認しましょう。

親とブライダルフェアに参加する場合の注意点はこちらの記事を参考にしてください。

参加する方法

ブライダルフェアの試食に参加する方法は2つあります。

どちらも予約が必要です。

式場に直接予約

公式HPから予約or電話で予約します。

余裕があれば当日予約でも受け入れてくれることも。

当日参加したい場合は電話してみると良いでしょう。

結婚式場検索サイトから予約

ゼクシィやハナユメなどの検索サイトから申込みをする方法。

直接式場に予約するよりもサイト経由の予約が圧倒的にオススメ。

理由は、

  • 複数の予約状況の管理ができる
  • 特別割引がもらえる
  • 商品券などがもらえる

詳しくは説明します。

複数の予約状況の管理ができる

まず前提にブライダルフェアには2カ所以上参加することをおすすめします。

なぜなら、即決した人の多くが後悔しています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

バラバラに申込んでいると予約の管理が大変。

特に婚約後はやることが多く予定が詰まりがち。

日にちと場所を間違えるとせっかく行っても参加できなくなります。

ウエディングサイトから申込みをしておけば、まとめて確認することができるので楽です。

特別割引がもらえる

ハナユメの『ハナユメ割』やゼクシィの『花嫁割』などサイト独自を割引を利用することができます。

特に『ハナユメ割』は条件がそろえば100万円近く割引くことも可能。

割引をうまく利用してお得に契約しましょう。

商品券などがもらえる

サイトを経由して見学に行くだけで商品券や電子マネーが数万円分貰えます。

私は複数サイトを利用して8万円分もらいました。

商品券の特典は契約しなくてももらえるので必ず利用しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

無料試食するときの注意点

ブライダルフェアの試食に参加する前に知っておきたい注意点をまとめます。

試食できる内容を確認する

フェアによって試食できる内容は異なります

フルコースを楽しめるものもあれば、デザートだけの場合も。そもそも試食がないフェアもあります。

試食は実際の料理の味を無料で確認できる貴重な機会。

事前にどんな試食ができるか確認が必要です。

ハナユメのサイトでは試食内容がすぐにわかるようになっていますので参考にしてください。

結婚式について考えておく

式場からしたらブライダルフェアの契約を取るための営業の場

参加すると希望の式場などのアンケートや担当者からの質問があります。

その際に全く答えられないと

この人本当に結婚式するつもりあるのか?

と不快に思われてしまします。

自分が挙げたい結婚式について考えておきましょう。

例えば、

  • 何人呼びたいのか
  • 教会式か人前式か
  • 予算
  • 時期

もちろんすべて決めている必要はありません。最低限イメージしている結婚式は答えられるようにしましょう

試食する料理は高級なコース

結婚式でゲストに出す料理のコースは複数選択肢があることが多いです。

コースによって金額も様々で1人あたりの相場はこんな感じ

・最安コース ⇒ 1万円
・普通コース ⇒ 1.5万円~2万円
・高級コース ⇒ 2.5万円~

注意が必要なのは

試食の料理は高級コースのものが多い。

一方、初期見積もりに入っているコースは最安コース

こんな美味しい料理がこの金額ならここにしよう!

と思ったら実際は高級コースで予算が大幅に越えたなんて話はよくあります。

特に、料理は単価が上がると人数分とサービス料がかかります。

そのため、30万~50万はすぐに上がります。

試食で食べた料理がいくらのコースかは確認が必要です。

その他、初期見積もりのチェックポイントはこちらの記事をご覧ください。

時間に余裕を持って参加する

残念ながら試食だけをして帰ることはできません。フェアの後の予定は余裕をもって立てましょう。

トータル3時間はかかると思っておくのが無難。

どうしても早く帰ら帰らなきゃいけないときは事前にリミットの時間を担当者に伝えておきましょう。

まとめ

以上、ブライダルフェアが試食目当てでも大丈夫かについて解説しました。

まとめると、

  • 将来挙式の可能性があるなら試食目当てでも問題ない。
  • フェアによって食べれる量は違う
  • 3時間はかかると思っておく
  • 試食したコースと見積もりのコースは違う
  • 必ず予約が必要。予約はウエディングサイト経由で行くと特別割引や商品券がもらえる。

試食目当てで行くなら、ついでに商品券をもらいましょう

ハナユメ経由で申込みをするだけで4万円の電子マネーが貰えます

さらに、ハナユメ割が適用されれば安く結婚式が挙げられます。

ハナユメの利用は無料なので興味があれば利用してみては。

\無料の試食を探してみる!/

コメント