【徹底比較】結婚式サイト13社!お得なサイトをランキングで解説【口コミ・画像付き】

式場探し
結婚式場ってどうやって探せばいい?
たくさんサイトがあるけど違いがわからない
結局どのサイトがおすすめ?

そんな疑問に答えます。

結婚式場探しに1度失敗。

後悔しないため1から本気で式場探しをやり直し

希望の式場に破格の値段で申込むことができました。

実際に相談カウンタ―を利用し、参加したブライダルフェアは10会場

このブログでは経験を元に結婚式で役立つ有益な情報を発信しています。

今回は『結婚式サイトはどれを使えばいいのか?』

結婚式場探しの専門サイトは大きなものだけでも20~30サイト

それだけあればどれを使うのか迷ってしまいますよね。

式場探しで失敗しないためのサイト選びの方法とおすすめサイトと特徴をまとめました。

式場探しはサイト選びから始まっています。

この記事を読んで後悔しない式場探しをスタートしましょう。

スポンサーリンク

どのサイトを使っても同じ?

どのサイトを使っても同じなんじゃない?

結論から言うとサイトによって全然違います

同じ式場に申し込んでも使用するサイトによって金額が大きく変わることがあります。

なぜサイトによって結婚式の金額が変わってしまうのか。

それは、サイトによって広告料紹介料が違うから。

結婚式探しサイトのほとんどは結婚式場からの広告料紹介料で運営されています。

その広告料や紹介料は誰が払うものでしょうか?

答えは、結婚式をする私たちです。

その一部を私たちに還元してくれるのが来場特典成約特典。

広告料や紹介料、特典はサイトによって異なるので、どのサイトを利用するかで結婚式の金額も変わってしまうんです。

有名なサイトだから大丈夫!

と安易に決めてしまうと損してしまします

サイト選びから式場探しは始まっているのでサイトごとの特徴を理解しましょう。

結婚式サイトは使い分ける

結婚式サイトは2種類のタイプを使い分けるのがおすすめ。

2種類のタイプとは、

①情報集めサイト(写真、口コミ)
②申込みサイト
(来場特典、成約特典)

step1.『情報集めサイト』で気になる式場の口コミや費用を調べる

step2.『申込みサイトでブライダルフェアに申込む

サイトを使い分けることで理想の式場をお得に申込むことが可能になります。

それでは、具体的にそれぞれの結婚式サイトのおすすめ特徴について解説します。

おすすめ結婚式サイト【情報集め編】

まずは情報集めサイトで気になる式場を探します。

このサイトで重要なポイントは次のとおり

✓掲載数
✓口コミ数
✓信憑性

情報を集めるためのサイトには、情報の量と質が大切になります。

掲載数が少なければ良い式場を見逃してしまいますし、嘘の情報があれば本当のことがわかりません。

その上で情報集めに適している結婚式サイトおすすめ2つを紹介します。

みんなのウエディング

◎掲載数 : 1074件
◎対象地域: 全国
◎口コミ : 最大級。本人認証システム導入

名前のとおり実際に利用した人が口コミを投稿するサイトです。

わかりやすく例えると『結婚式場の食べログ』。

最大の特徴は口コミの量と質の良さ。

口コミは本番、下見、申込み、参列の4パターンでそれぞれ見ることができます。

絶対に確認したいのは、最終費用明細

実際に本番をした人が最終費用明細の画像を公開してくれています。

これはブライダル業界の人も参考にしている有益な情報です。

結婚式の金額は申込みから100万以上値上がりする不思議な業界です。

後悔しないように気になる式場の最終費用明細は申込む前に必ず確認しましょう。

×特典がない
×本当に利用したかは不明

×口コミの投稿はコスパが悪い

情報集めのサイトとしてはとても優秀なサイトですが、ブライダルフェアの申込みをしても特典は付きません

このサイトから申込みはせず、情報集め用として使いましょう。

良質な口コミサイトにするため、投稿をするには『本人承認』のシステムを取り入れていまが、すべてが本物の口コミである保証はありません。

なかには感情的でネガティブな口コミもあります。極端な口コミは信じすぎない方がいいかもしれません。

みんなのウエディング』公式サイトへ

ウエディングパーク

◎掲載数 :1048件
◎対象地域:全国
◎口コミ :最大級。『永遠のフェア宣言』

基本的には『みんなのウエディング』と同じ口コミサイトです。

『ウエディングパーク』では「永遠のフェア宣言」取り組みを行っており、公平な情報を掲載することに力を入れています。

口コミは信憑性を持たせるために「本人承認」のシステムを導入しています。

一方、デメリットはみんなのウエディングと同じく特典がありません

使い方としてはみんなのウエディングと合わせて式場の情報集めとして使うのがいいでしょう。

『ウエディングパーク』公式サイトへ

おすすめ結婚式場探しサイト【申込編】

上記の2サイトで気になる式場が見つかったらここからが本番です。

申込用のサイトからブライダルフェアに申込みます。

サイトを選ぶポイントは3つ。

✓キャンペーン(来場特典、成約特典)
✓対象地域
✓掲載式場数

申込みサイトで重視すべきポイントはどれだけお得に申し込めるか。

できるだけ結婚式をお得にしたいのはみんな同じ悩み。

お得に申込みをしたい人におすすめサイト9を順番に紹介していきます。

結婚式サイトおすすめランキング9

【1位】ハナユメ

〇掲載数 :530件
〇対象地域:24都府県
◎成約特典:ハナユメ割
◎来場特典:37,000円(電子マネー)

渡辺直美さんがイメージガールを務める『ハナユメ』。

掲載数は530件で多いとは言えません。

対象地域も24都府県に留まり、都市部限定のサイトになっているハナユメのデメリット。

一方、最大のメリットは特典が豪華であることろ。

『ハナユメ割』と呼ばれる独自の割引は、特に半年以内の挙式で大幅な値引きが期待できます。

実際、私もこのサイトを利用して129万円の値引きをしてもらうことができました。

割引額は日取り時期などの条件によっても変わります。

できるだけ安くしたい人はこちらの記事に交渉方法をまとめていますのでご覧ください。

【体験談】結婚式で129万円値引きに成功した私が解説|限度ギリギリの交渉術とは?
結婚式の費用って気が付けばどんどん膨らむ...大事なのは初期見積りでどこまで交渉できるか!ブライダルフェアでの上手な値引き交渉のポイントを解説します。何も知らずに行くと大損します!しっかり準備して賢くお得に結婚式を挙げましょう。

来場特典は全員が37,000円分の電子マネーをもらえる超お得な機会です。逃して損をしないように必ず利用しましょう。

『ハナユメ』公式サイトへ

【2位】ゼクシィ

◎掲載数 :1321件
◎対象地域:全国
〇成約特典:花嫁割
◎来場特典:44,000円(商品券)

知名度№1は圧倒的『ゼクシィ』。

掲載数はトップクラスで地域も全国をカバーしています。

来場特典も高額で最大44,000円の商品券をもらうことができます。

見学する式場を変えれば『ハナユメ』と『ゼクシィ』で併用が可能

4会場以上見学するのであれば『ハナユメ』と『ゼクシィ』を併用して電子マネーと商品券をゲットしましょう。

成約特典は『花嫁割』を利用することができます。

ただし、ゼクシィは知名度が高いため結婚式場の広告料が一番高いサイトとしても有名。

その分、成約特典の割引は『ハナユメ割』と比べると少ない傾向にあります。

成約特典の割引額が少ない

気になる式場は『ハナユメ』と割引額を比較をしてみましょう。

『ゼクシィ』公式サイトへ

【3位】結婚式スタイルマガジン

◎掲載数 :2009件
◎対象地域:全国
◎成約特典:最大20万円引き
×来場特典:なし

結婚式場の掲載数が2,000件を超える№1で全国をカバーしているサイトです。

知名度はあまり高くありませんが、婚約指輪や結婚指輪で有名な『NIWAKA』が手掛けるサイトなので安心できます。

特徴としては、式場探し以外の情報も充実しています。

顔合わせや婚姻届など結婚に関係する情報雑誌のようなサイトです。

写真やイラストが多いのでわかりやすく見ていて飽きません。

成約特典は式場によって「3万円・10万円・20万円」のご祝儀割引が付きます。

どの式場にいくらのご祝儀割引が付くかわかりやすく掲載されているのは安心です。

残念ながら来場特典はありません

複数式場見学を予定している人にとってはもったいないでしょう。

一方、他のサイトの口コミや費用明細が横断的に見れるようになっているのは便利です。

写真も豊富なので情報集めサイトとしては使いやすくて優秀です。

結婚式スタイルマガジン』公式サイトへ

【4位】マイナビウエディング

〇掲載数 :520件
〇対象地域:24都道府県
×成約特典:なし
△来場特典:17,000円(商品券)

就活サイトで有名なマイナビが手掛けるサイト。

対象地域は『ハナユメ』と同等で都市部を中心にカバーしています。

残念なのは成約特典がないところ。

来場特典は17,000円分の商品券で他と比較すると見劣りします。

『マイナビウエディング』は過去に10万円を超えるキャンペーンを頻繁にやっており、有力な結婚式場サイトでしたが最近は低調。

メリットは婚約指輪、結婚指輪の特典が用意されているところ。

指輪の購入を検討している人は『マイナビウエディング』の特典を利用するのはアリでしょう。

 

『マイナビウエディング』公式サイトへ

【5位】トキハナ

〇掲載数 :422件
△対象地域:43都道府県
×成約特典:なし
×来場特典:なし

2020年5月に開始された比較的新しいサイトです。

掲載数は少なめですが、東京と神奈川の式場は掲載が豊富。

逆に地方は掲載がほとんどありません。

成約特典、来場特典は無いのがデメリットと言えます。

特徴は、最低価格保証で即決を迫らないスタイルで持込み可能式場の掲載数№1

『リアルタイム見積りチェック』という独自のサービスもしています。

これは式場見学をしている間に見積りをLINEで送れば、適正な見積りかをプロが確認をしてくれるサービスです。

結婚式場の初期見積りは安く見せようと現実的ではないものを作るところもありますのでこのサービスは不安な人にはありがたいですね。

『トキハナ』公式サイトへ

【6位】プラコレウエディング

◎掲載数 :1782件
◎対象地域:全国
〇来場特典:75,000円(一休クーポン)
×成約特典:なし

式場の検索をする必要がない少し変わったサイトです。

  • 式場のこだわりは?
  • イメージしている式は? など

8個の質問に答えていくとおすすめの式場を毎日チャットで届けてくれます

質問に答えていくだけで候補を選んでくれるので遊び感覚で使用すると楽しいです。

自分では気づかない意外な式場が見つかるかもしれません。

来場特典・成約特典の合計で最大75,000円分のクーポンが貰えます。

ただし、もらえるクーポンはレストランやホテル予約サイトの『一休』でしか使えません

商品券や電子マネーに比べると使いにくいでしょう。

『プラコレウエディング』公式サイトへ

【7位】ぐるなびウエディング

△掲載数 :214件
〇対象地域:37都道府県
×来場特典:なし
×成約特典:なし

グルメサイト『ぐるなび』が手掛けるウエディングサイト。

レストラン形式のウエディングや少人数のプランが充実しています。

通常の結婚式よりも費用が安く抑えられるため、1.5次会やお食事ウエディング、会費制の結婚式を検討している人にはおすすめ。

専門式場の掲載はあまりありません。

『ぐるなびウエディング』公式サイトへ

【8位】得ナビウエディング

△掲載数 :30件+リゾート58件
△対象地域:17都道府県
×来場特典:なし
〇成約特典:得ナビ割

得ナビウエディングの特徴は、お得に挙げられる日程からおすすめな式場と日にちを提案してくれます。

結婚式は日取りによって金額が大きく変わります。

具体的には、

  • シーズン(夏や冬)
  • 日柄(仏滅)
  • 時間(夕方以降)
  • 期間(半年以内)
  • 曜日(平日や日曜)

が金額に大きく影響します。

日取りを気にしない人であれば格安な日程で空いている式場を探してくれるサービスです。

式場数は少ないので、

「こだわりはないからとにかく安く挙げたい!」

という人にはおすすめです。

『得ナビウエディング』公式サイトへ

【9位】gensen wedding

△掲載数 :130件
△対象地域:21都道府県
×来場特典:なし
×成約特典:なし

コンセプトは「大人の式場探し」。

一般的な式場探しは、「式場を決める ⇒ プランを決める」の順番。

『gensen wedding』では元プランナーがその人に合ったプランを提案してから式場を決定します。

プランを先に決めるので式場契約後に最終費用が大幅に上がる心配がありません

掲載数は多くないので式場よりもプランを重視して決めたい人にはいいかもしれません。

『gensen wedding』公式サイトへ

番外編

番外編として最近注目を浴びている新しい形の結婚式探しを紹介します。

近年の結婚式の傾向としては

コロナで少人数の挙式にしたい!
結婚式は安く済ませたい!

そんな人が増えています。

少人数安く挙げる結婚式がトレンドとして注目を集めています。

そんなトレンドにあったサイトを番外編として2つ紹介します。

スマ婚

掲載数 :350件
対象地域:19都府県
来場特典:Amazonギフト3,000円

かしこくスマートに結婚式を挙げるがコンセプトのサイト。

通常の結婚式の相場は350万円のところ、スマ婚の平均は190万円と破格

お金で結婚式を諦めていた人に自己資金0円でもできる挙式の提案をしています。

スマ婚が安く結婚式を挙げられるのには理由があります。

①自社で式場を保有しない(維持費の削減)
②特定のショップと提携しない(安くて高品質な仕入れ)

式場を保有しないで必要な時に会場を借りることで、莫大な維持費のコスト削減。

通常の式場は提携しているドレス、花、引き出物などのショップが固定されているため安くて良い品質のものを仕入れる妨げになります。

あえて提携を結ばないことで市場の競争が働き安くアイテムをそろえることに成功しています。

普通の結婚式サイトは式場を選ぶところまでで終わりですが、スマ婚の場合は『プロデュース型結婚式』になっており、

式場探し~挙式まで一貫したプロデュースを提供するスタイル。

  • とにかく安くしたい人
  • 特定の式場にこだわりがない人
  • 現金がない人(ご祝儀払い可)

こんな人には『スマ婚』がおすすめです。

『スマ婚』公式サイトへ

小さな結婚式

対象地域:22都道府県
成約特典:2万円など
少人数結婚式に特化

67,000円からできる破格のプランを提供しています。

式場は自社で保有をしており、披露宴を希望すれば提携しているレストランで披露宴も可能です。

  • 大袈裟な結婚式はちょっと・・・
  • 親族だけで静かに
  • お金はあまりかけたくない

そんな人におすすめなサイトです。

多様化する結婚式に合わせて多くのプランを提供しています。

✓挙式のみプラン
✓会食付きプラン
✓リゾートウエディング
✓フォトウエディング
✓2人だけでの結婚式プラン
✓マタニティウェディングプラン
✓ファミリーウェディングプラン
✓大人ウェディングプラン
✓ペットウェディングプラン

たとえば、

  • 妊娠をしているので結婚式を早く挙げたい!
  • 大好きなペットと一緒に結婚式をしたい!

そんな要望にも応えられるサイトです。

二人だけで挙げられる結婚式をお探しなら【小さな結婚式】

まとめ

以上おすすめの結婚式サイト13を紹介しました。

まとめると、

✓式場の口コミ、費用を知りたい人 ⇒『みんなのウエディング』『ウエディングパーク
✓王道の結婚式をお得にしたい人 ⇒『ハナユメ
✓都市部以外の結婚式 ⇒『ゼクシィ』

今回紹介したサイトはすべて無料で利用ができます。

サイトごとに少しでも気になるポイントがあれば、迷わず利用してみるのがいいでしょう。

結婚式は一生に一度で永遠の思い出。

納得いくまで妥協せず探して後悔のない結婚式にしましょう。

スポンサーリンク
式場探し
プロ婚

コメント