結婚式費用の値引き交渉術!130万円値引きに成功!成功率がグッと上がる5つのポイント!

結婚する人

結婚式の費用って値引き交渉できるの?

口下手だけどできるかな?

交渉のポイントって?

誰もが初めての結婚式。

わからないことが多くて不安ですよね。

特にお金の面で不安を感じる人は多いんじゃないでしょうか。

私も同じでした。

素敵な結婚式にしたいけど、できるだけ安くしたい・・・

結論、契約をする前に費用交渉をしましょう。

結婚式の費用って値下げ交渉していいの?

全然問題ありません。むしろ、値下げ交渉していない人は大損しています。

実際に交渉で130万円の値引き交渉に成功しました。

実際の値引き交渉の見積り

同じ内容の結婚式なら安く挙げたいと思いますよね。

交渉が苦手な人でも上手に費用交渉ができるポイントを解説します。

では、早速解説に移ります。

スポンサーリンク

なぜ交渉で安くできるのか

そもそもなぜ交渉で費用を安くできるのでしょうか。

理由は、1番最初に出してくる見積りはぼったくりであることが多いから。

始めは式場の利益を過剰に確保できるような見積りになっています。

そのようなぼったくり見積りを出してくるのには理由があります。

そのまま契約してくれればラッキー

ぼったくり見積りであることを知らずにそのまま契約をしてもらえれば結婚式場としてはラッキーです。

多めに乗せた費用の部分を式場の利益として確保することができます。

結婚式に慣れている人はほとんどいません。

その上、結婚式の見積もりは細かくてわかりにくいことから言われるままに契約してしまう人も少なくありません。

そんな人は確実にぼったくられますので注意してください。

見積りのチェックポイントについては別の記事にまとめていますので1度読んでおくことをおすすめします。

お得になったように誤解させることができる

今日契約していただければ10万円値引します!

そんなことを言われると、すごくお得!じゃあ契約しようかな?

という気持ちになってしまいますよね。

そんなのはセールストークに過ぎません。

必ずブライダルフェアで言われるセールストークですが、そんなに簡単に10万も値引きができるのは最初から見積りを高く設定しているからなんです。

まだまだ式場は利益をたっぷり乗せているので、本当に適正な金額で契約できるように交渉を上手に進めましょう。

結婚式費用を安くするための交渉術ポイント5つ

交渉なんてやったことないし、上手にできるか不安・・・

そんな人でも大丈夫です。

これから解説する5つのポイントで交渉をすればあっさり安くしてくれます。

それでは詳しく解説します。

1.結婚式場を契約する前に交渉する

これは絶対に外せないポイントです。

結婚式費用の交渉は必ず契約前に行うべし!

そもそも式場側は、契約して欲しいからこそ値引き交渉術に応じてくれます。

契約が成立してしまえば式場側は値引き交渉に応じる必要が無くなります。

わざわざ利益を減らしてサービスをするメリットがないから。

そのため、契約後の値下げはかなり厳しいです。

つまり、値引き交渉をするベストタイミングはブライダルフェアに参加している時。

もっと交渉すれば安くなったのに…

と後悔しないためにも、値下げしてもらえそうなところはしっかり値下げ交渉してみましょう!

2.他の式場の見積もりを持っていく

値下げ交渉でもっとも効果的なアイテム。

それは他式場の見積もりです。

これがあるかないかで結果は数十万変わってきます。

それはなぜか。

ブライダル業界は狭い世界で顧客を取り合っているので、式場側は他の式場にお客さんを絶対に取られたくないと思っています

なので、他の式場の見積もりを見せられた場合、その式場と同程度にするか、それより低い価格の見積もりを作成します。

他式場の見積もりをもらう際のポイント2つ

最強アイテムの他社見積りですが、より効果的に活用するために次の点に注意してください

同じ条件・費用項目で作成してもらう
相場が近いライバル式場の見積もりを持っていく

同じ条件・費用項目で作成してもらう

結婚式の見積りにはたくさんの項目があります。

式場によって初期見積りに入れてる費用項目が違います

良心的な式場だと最初からある程度項目をのせていますが、

初期見積りを少しでも安く見せるために必要な費用項目を入れていない式場もあります

そのため、同じ条件で見積りを作ってもらって比較しなければ正しく金額比較ができません。

相場が近いライバル式場の見積もりを持っていく

持って行く他式場の見積もりは、なるべく「同じ価格帯の式場」の見積もりにしましょう。

というのも、そもそも結婚式場にはランクや相場があります。

同じ80人で見積もりをもらった場合でも

高級な式場:450~600万円
中堅の式場:300~450万円
安価な式場:220~300万円

のように、”式場のランク”があります。

一般的には、相場が高い式場のほうが豪華な施設を構えていたり、料理の中身に凝っていたりとコストがかかっています。

そのため、相場が500万の高級な式場に安価な220万円の見積もりを持って行ったとしても

うちの式場は色々とこだわっているからこそ、この値段なので…
そんな安い式場と比較されても…

と、値引きを断られてしまう可能性があります。

もちろんないよりはマシですが、式場側がライバル視しているような、同価格帯の式場の見積もりを持って行くと、

ここにはお客を取られたくない!
頑張らせてください…!

と、”値引き合戦”をしてくれる可能性があります。

こうなればこっちのもんです。

あとは勝手に競争させておけばぎりぎりのところまで下げてくれます。

もちろん価格がすべてではないですが、近い相場の式場と迷っていることを匂わせるだけで希望の式場で安く挙げられる可能性が高くなります。 

そこでどうやって「同じ価格帯の式場」を探せばいいのか。

私が使っておすすめだったのは「ハナユメウエディングデスク」等の結婚式場相談デスク

○○と同じランクの式場はどこですか?

と聞いてみると、周辺エリアで同じ価格帯の式場を教えてくれますよ。

無料でプロに相談・質問できる
自宅から相談ができる
式場見学前に行くのがおすすめ

\早速相談してみる!/

3.「ここで挙げたい!」と伝えることが大切

「値下げして!」と要求するだけではなく、「どうしてもここで挙げたいんです!」という気持ちを伝えることが大切です。

値下げしたのに結局契約に至らなけらば式場側の時間の無駄になってしまうので相手にしてくれないかもしれません。

なにより、ただひたすら「安くして」「値下げして」と言い続けるのは印象が悪いです。

悪い印象を与えると契約後も値下げ交渉をされたりクレームをつけられたりするのではないかと敬遠されてしまします

だからこそ、「どうしてもここで挙げたいけど、でも予算的にちょっと厳しい」という値下げしてくれれば契約したいという本気度を見せる必要があります。

 例えば、

チャペルがすごく素敵で料理も美味しくてここでできたら最高な結婚式になると思うんです。ただ、予算が少しオーバーしてて…

といったイメージです。

見積りの金額はプランナーさん独断で決めることができません。必ず上司の了解がないと値引きができないものです。

そのため、上司を説得してくれるようにプランナーさんが味方になってもらう必要があります。

プランナーさんも本当は利益なんて考えずにお客さんが喜ぶ式を挙げてほしいはずです。「ここで挙げたい」という真剣な想いを伝えることで、

そこまで気に入ってもらえるなら協力してあげたい!
値下げができないか、上司に聞いてみよう!

という気持ちになってもらえます。

4.オプションのサービスをつけてもらう

式場側も利益を上げる必要があるので値下げには限界があります。

費用を値下げをしてもらうの以外にも、オプションをつけてもらって実質値下げをしてもらう方法もあります。

 例えば、「10万円値下げして欲しい」と言うのではなく

本当に料理が美味しかったので、ぜひここの式場で挙げたいんです。ゲストにもあれを食べてほしいんですけど、予算もあって…料理のランクアップ、少しおまけ相談に乗ってもらえませんかね…?

といった感じで伝えます。

仮に料理の1ランクアップ分(2,000円)が無料になった場合、ゲストが80名だとしたら、それだけで16万円分の値引きに成功したのと同じです!

式場側は、ただ16万円値引きするよりも、ランクアップ分やオプション分をおまけする方がダメージが少ないので、「値下げして下さい」というよりも成功しやすくなります。

さらに、より成功率を上げたいなら、ただ「オプション無料にして」「おまけつけて」というのではなく、

  • デザートブッフェ付ける代わりに式場紙袋をおまけしてほしい!
  • ドリンクのグレードを上げる代わりにフラワーシャワーをおまけしてほしい!

など、式場側にもメリットがある提案をするのが上手で嫌われない交渉の仕方です。

5.持ち込みアイテムで交渉する

さらに、規約では本来持ち込めないアイテムを「持ち込ませて欲しい」という交渉方法もあります。

ほとんどの式場で持込み禁止のものがある理由は表向きは、衛生上や品質を担保するためなどとしていますが一番の理由は、式場の利益になるところだから。

逆に言うと、持込み禁止にしている項目で利益を見込んでいるということです。

〇持ち込み禁止が多いもの

料理、ドレス、花、引き出物、カメラマン

〇持ち込み可が多いもの(持込料がかかる場合あり)

動画、曲、ペーパーアイテム(招待状、席札など)

これは実際に友人が試した方法で、本来衣装の持ち込みは禁止の式場でしたが、

ここの式場で挙げたいけど、どうしても着たいドレスがあるんです…!

と交渉したところ、無料でドレスを持ち込むことに成功したそうです。

仮に、衣装を持ち込めるようになった場合、外部で安くドレスをレンタルor購入すれば、その差額分が節約できます。

実際は、持込禁止のものを持ち込むのは強い理由がないと難しいかもしれません。

しかし、持込料がかかるものを無料にしてもらう交渉は意外とハードルが下がるので持込みを考えている人は交渉してみましょう

まとめ:とにかく見積もりを知っておくことが成功の秘訣

以上、結婚式費用の値下げ交渉のポイント5つをまとめました。

中でも一番大切なのは、

いくつかの式場の見積もりを比較できるようになること!

値引き交渉を成功させるには、あらかじめ結婚式費用の見積もりの見方を知っておくことが重要です。

ただ、結婚式の見積もりは項目が多くて比較するのが難しい・・・

中に必要なアイテムを入れないことで、金額が他より安いように見せかける式場もあるのです

初期見積りから最終的に2倍の金額に上がったという話しはよくあることで、それは初期見積りはできるだけ安く見せるようにしているからです。

式の準備が進むにつれ「あれも足りない」「これも足りない」。知らない間に金額が膨れ上がって、結局結婚式費用が高くなってしまったが後には引けない状況に…

と後悔しないように見積りの中身をチェックする必要があります。

初めてみる見積りを漏れなくチェックする自信ないな…

ハナユメウエディングデスクに行けば無料で教えてくれます。

さらにノウハウが詰まった見積りチェック表を貰うことができます。

  • 見積もりの見方のポイント!
  • 見積もりで上がりやすいポイント!

をチェックすることができます。

・必要なアイテムが入っているか?
・アイテムの値段設定が安すぎないか?

などをチェックすることができます。

近くに店舗がない人やコロナの感染が心配な人はオンライン相談も無料で対応してくれます。

私たちも実際に新宿西口店に行っていろいろ詳しく教えていただきました!

無料でプロのアドバイザーさんにいちから丁寧に教えていただけたのでほんと助かりました。

これから式場を探し始める方はもちろん、本命式場が決まっている方も、式場見学へ行く前に「ハナユメウエディングデスク」「ハナユメオンライン相談」を利用してみることをおすすめします!

正直使わないともったいないと思います…

例えばアドバイザーさんに、

○○という式場が第一希望なんですが、値引き交渉するポイントってありますか?

と聞いてみると、より成功しやすい値引き交渉の方法を教えてくれます。

なぜそんなことが教えられるのか?

それは元プランナー経験者が多いから

元式場に勤めていたアドバイザーさんならぶっちゃけた話しも聞けるかもしれん。

今回の記事で紹介した値引き交渉における5つのポイントは、どの式場にも共通した方法です。

それに対し、ハナユメのアドバイザーさんは、それぞれの結婚式場の長所・短所をよく分かっているので、

この式場は○○という短所があるので、こういった交渉をしてみるといいかもしれませんね。

と、その式場ならでは”の交渉術を教えてくれるかもしれませんよ!

今回紹介した5つのポイントと、その式場の長所・短所に合わせた交渉術をフル活用して、結婚式費用をよりお得にしてみて下さいね。

知識豊富なアドバイザーに無料で相談できる
オンライン相談で自宅からでも相談可能!
初心者向け『スタートアップブック』が無料でもらえる!

コメント