【経験談】153万円結婚式で値引き交渉に成功!費用を安くする方法徹底解説!

153万円の値引交渉術式場探し

【経験談】153万円結婚式で値引きに成功!誰も教えてくれない秘密の見積り交渉術!

 

初めての結婚式。わからないことがたくさんありますよね。

ワクワクする反面、お金がいくらかかるか不安じゃないですか?

私たち式場選びで1度失敗しています。式場探しからやり直しました。結婚式をやめたいと思うくらいどん底の気分でした。

そこから10会場のブライダルフェアに参加。最後は同業者を疑われるほど詳しくなりました。

これから結婚式を挙げるカップルに向けて、私たちの経験が参考になるのではないかと思って情報をまとめています。

結婚式は特にお金に関する悩みやトラブルが多いです。

そんな悩みの解決になれば嬉しいです。

 

結婚式を安く挙げたい
ケチな結婚式にはしたくない
安くする方法を知りたい

その悩みは値下げ交渉で解決できるかもしれません。結婚式は値下げ交渉できないと思っていませんか?

結論、値下げ交渉はできます

実際、私は153万円の値下げ交渉に成功しました。

この記事を読めば

✓ 効果的な交渉方法がわかる
✓ NGな交渉がわかる
✓ 最大限安くする方法がわかる

ようになります。

結婚式の値下げ交渉にはポイントがあります。同じ内容の結婚式なら安くしたいですよね。

交渉に成功すれば、ドレスをワンランクアップしたり、料理を1品増やしたり、結婚式の費用を貯金に回すこともできます。

上手に交渉できれば、結婚式のお金の悩みが軽くなるかもしれません。

この記事を書いた人
とも

・式場選びで1度騙されて失敗
・独学でブライダル業界を研究
・参加したフェアは10会場以上
・153万円の値引交渉に成功
・安くでもしょぼくない結婚式を発信

ともをフォローする

これだけはダメ!失敗するNGな交渉方法

交渉のポイントを説明する前に、失敗するNGな交渉方法を頭に入れておきましょう。交渉しようと思っても無駄になるどころか、契約できなくなることもあります。

失敗する交渉は、

  1. 申込後に交渉する
  2. 強引な交渉をする
  3. 値引きをしない式場で交渉をする

順番に説明します。

申込後に交渉をする

交渉を成功させる前提として、申込前に交渉をする必要があります。なぜなら、申込後は交渉がほぼ不可能になってしまうからです。

本来、値下げは式場にとってはやりたくないこと。それでも応じてくれるのは、契約が欲しいからです。既に契約が取れている人の値下げ交渉に応じるメリットが式場側にはありません。

「契約する」という交渉カードを持っているうちに交渉しましょう。

契約後は交渉不可能?

筆者
筆者

1つだけ方法があります。

それは、他の式場に変更することを検討することです。変更するかは別として、結婚式の契約をしていてもブライダルフェアには参加できます。契約後に他の式場に見学に行くと、

プランナー
プランナー

もっと安くできますよ!

という営業があります。この話を契約している式場にして、式場を変更しようか迷っていると伝えます。うまくいけば契約後に値段を下げてくれるかもしれません。

ただ、この方法はあまりオススメしません。なぜなら、式場やプランナーさんとの信頼関係が崩れてしまうからです。4か月かけて一緒に結婚式を作っていくものなので、信頼関係は大切です。

信頼関係が崩れるのが怖い人は、値下げ交渉は諦めましょう。契約後の値下げ交渉はできませんが、アイテムの持込みなど工夫次第で節約できることはあります。

私たちがやった節約方法は別の記事で具体的に紹介しています。

【体験談】結婚式の裏ワザ節約術で85万費用削減!しょぼくならない具体的方法
結婚式を質を落とさず節約したい人必見!実際に節約で85万円安くした11の方法と裏ワザを紹介します。知っているだけで数万円お得になる方法がたくさん!この記事を読んで、節約しながら質を落とさない結婚式を実現させましょう!!

 

強引な交渉をする

こちらの都合を一方的に押し付ける交渉も失敗に終わる可能性が高いです。値下げをしてもらえないどころか、最悪の場合契約を断られてしまう可能性もあります。

なぜなら、自分勝手な客は契約後もクレーマーになると警戒されるからです。

  • ご希望の日程は空いていません
  • このご予算ですと契約いただけません

と言われてしまえば終わってしまいます。

結婚式は4か月以上の長い付き合いになるので、お客さんの態度も見られています。式場側も選ぶ権利があるということを忘れないでください。

とにかく安くして!

といった一方的な要求や横柄な態度はとらないようにしましょう。

 

値引きをしない式場と交渉をする

ほとんどの式場では値引き交渉ができますが、ごく一部値引きをしない式場もあります。

具体的な名前は挙げませんが、格式の高い式場では値下げをしない場所もあります。芸能人が使用するような有名な式場は、価格自体もブランドになっているからです。

そもそも値下げ交渉をしないという方針の式場とは交渉は諦めましょう。

 

結婚式費用を安くするための交渉術8つのポイント

ここからは、実際10会場のブライダルフェアの経験と独学で業界を研究したことでわかった成功する値引き交渉のポイントを説明します。

筆者
筆者

ポイントは次の8つです。

【値下げ交渉ポイント8つ】

順番に詳しく説明していきます。

 

プランナーを味方につける


プランナーさんも人なのでお客さんに対して感情をもっています好印象なお客さんには

プランナー
プランナー

多少値引きをしてでも素敵な結婚式のお手伝いをしてあげたい!

と思うのが人間です。

値引き交渉を成功させたいなら、プランナーさんとしっかりコミュニケーションをとって良い関係になりましょう。

例えば、

理想の結婚式場ですごく気に入っています。
ただ、予算が少しオーバーしてて…

と言われれば

プランナー
プランナー

そこまで気に入ってもらえるなら!

という気持ちになってもらえます。

好印象のポイントとしては、

  • この式場が一番気に入っている
  • 予算がネックになっている

ということを伝わるとGoodです。

自分の式場を気に入ってもらえて嬉しくないプランナーはいません。

筆者
筆者

私たちが式場を本当に気に入ったことがプランナーさんに伝わったようで、何度も上司に値引交渉をしてくれました。

逆に、

とにかく安くして!

と言われたら

自分勝手な客だな。

契約取れてもめんどくさそう。

 

と相手にしてもらえない可能性があります。また、式場の短所を理由に値引交渉をするのもNG

例えば、

  • 駅から遠いから
  • チャペルが狭いから
  • 親族控室がないから など

 

じゃあ他の式場に行って!って思いますよね。式場にとって値引きは利益に直結するので、できればやりたくないんです。担当者に権限がない場合は、上司の承認も必要で手間もかかります。

それでも協力してもらえるように、横柄な態度はとらず誠意をもって交渉しましょう。

安くなる日程を選ぶ

結婚式は繁忙期や人気の時間があります。旅行と同じように繁忙期は価格が高くなります。逆に閑散期や人気が無い日程はできるだけ早く埋めたいので交渉に有利です。

安くなりやすい(人気がない)日程には次のようなものがあります。

  • 挙式まで半年以内 ⇒ 準備期間がない
  • 夏、冬、梅雨 ⇒ 暑い、寒い、雨
  • 仏滅 ⇒ 気にする人も
  • 早朝、ナイトウエディング ⇒ ゲストに負担
  • 平日、日曜祝日⇒ 翌日仕事の人が多い

人気が無いのには理由がありますが、気にしすぎなくて良いものもあります。

特におすすめは、挙式まで半年以内の日程です。

式場は日が迫った日程は優先的に埋めたいと思っています。

準備間に合うかな?

実は半年あれば全然余裕で準備ができます。なぜなら、実際に式場と本格的な打ち合わせが始まるのは4か月前からだからです。それ以上早く打ち合わせは始めてもらえません。

もし半年以内の日程で良い日があれば、積極的に検討してください。

 

ブライダルフェアの参加数と順番も大切

【ゼクシィHPより】

ブライダルフェアに参加する数と順番にもポイントがあります。まず、1件目で即決するのはあり得ないのでやめましょう。リスクが高いですし、損する可能性が高いです。

ですが、式場選びでは約半分の人が1~2会場目で式場を決定してしまっているのが現状です。

なぜダメかというと、比較ができないので適正かわからないですし、交渉に不利です。少なくても3会場は見学をして、相場をしっかり把握しましょう。

といいつつ、私も即決で一度失敗しました…

3会場くらい見学すると、

A式場の披露宴会場の方が解放的だったな
B式場の料理の方がゲストが喜びそう
C式場は単価が全体的に高いな

 

と自分でわかるようになってきます。

デメリットは、見学する式場が増えすぎると最初の式場の記憶があいまいになってきます。写真や動画とあわせて、その時の印象や感情をスマホなどにメモしておきましょう。できれば動画の方が雰囲気がわかるのでおススメです。

複数式場を見学するとキャンペーンもたくさんもらえます。契約しなくても電子マネーが絶対もらえるので全員にオススメできます。

ハナユメ9月度キャンペーン

エントリー期限2022年10月12日(水)
見学予約期限2022年10月12日(水)
見学期限2022年10月30日(日)
ゼクシィ9月度キャンペーン

エントリー期限2022年10月21日(金)
見学予約期限2022年10月21日(金)
見学期限2022年10月31日(月)
【貰った商品券】

 

筆者
筆者

合計8万円以上もらえました。

電子マネーや商品券は使える場所が多いので、結婚式のアイテムを買うのに助かります。無料でもらえるキャンペーンなので自分へのご褒美として使うのもいいでしょう。

キャンペーンには期限があるので注意してください。キャンペーンを廃止するサイトが増えているので早めにエントリーが必要です。

キャンペーンの詳細は公式サイトで確認できます。

キャンペーン実施中のサイト!

\10/12(水)まで/

\10/21(金)まで/

他の式場の見積もりを持っていく

交渉するときに忘れてはいけないもの。

他式場の見積もり
筆者
筆者

他式場の見積もりをもらうためにも本命を最後にする必要があるんです。

なんで他式場の見積もりが
必要なの?

相見積もりで価格競争してもらおう!

最近の結婚式離れや新型コロナウイルスの影響で式場は少ないお客さんを奪い合っている状態。

式場側はお客さんを取られないために必死に競争しています。

他式場の見積もりがあれば
価格競争してもらえるチャンスなんです。

他式場の見積もりをもらうときのポイント2つ

他式場の見積りをより効果的に活用するために次の点に注意してください。

  1. 同じ条件で作成してもらう
  2. ライバル式場の見積もりを使う
同じ条件で作成してもらう

結婚式の見積りには
30個以上の項目があります。

式場によって初期見積りに入れる
費用項目や名前も違います。

なかには見積りを安く見せるために
必要な費用項目を入れていない式場も。

そのため、同じ条件で見積りを作ってもらって比較する必要があります

ライバル式場の見積もりを持っていく

持って行く他式場の見積もりは、
同じ価格帯の式場」の見積もりにしましょう。

結婚式場にはランクがあります。

【80人の見積例】
・高級な式場:450~600万円
・中堅の式場:300~450万円
・安価な式場:220~300万円

同じ人数を招待しても百万以上金額が違うことは珍しくありません。

そのため、高級な式場安価な式場
見積もりを持って行っても

うちの式場はこだわっているからこそ、この値段なので…
そんな安い式場と比較されても…

と、値引きを断られてしまう可能性があります。

ライバル視しているような
同価格帯の式場の見積もりを持って行けば、

ここにはお客を取られたくない!
頑張らせてください…!

と、値引きに応じてくれる可能性が高くなります。

同じ地域にライバル式場があるはずです。

式場のランクなんてわからない…

そんな人は『みんなのウエディング』で調べることができます。

このサイトは実際に挙式をした人
最終明細を見るとこができます。

口コミとともに画像で投稿されているので
リアルな金額を知ることができます。

【検証】『みんなのウエディング』はやらせ?式場探しでリアルな口コミを探す方法
【検証】『みんなのウエディング』はやらせ?式場探しでリアルな口コミを探す方法 式場でやらせの口コミってあるの? 本当の口コミが見たい! 実際いくらかかってるの? そんな悩みを解決します。 ...

オプションのサービスをつけてもらう

値段を下げてもらう以外にも
交渉の方法はあります。

それは、

オプションを付けてもらう

例えば、「10万円値下げして欲しい」
と言うのではなく

料理本当に美味しかったんですが、予算もあって…
料理のランクアップの
相談に乗ってもらえませんか…?

といった感じ。

料理のアップ分(2,000円)が
無料になった場合、ゲストが80名で

2,000円 × 80人=160,000円

実質16万円の値引きと同じ効果があります。

式場側は、値引きするよりも、オプション分をおまけする方が利益を減らさずに済むので
成功しやすいです。

要らないオプションでは意味がないので欲しいもので交渉しましょう。

料理のグレードアップは難しいかもしれませんが、

  • フラワーシャワー
  • プチギフト
  • 引出物の袋

などの小物系は式場の負担も少ないので応じてくれるかもしれません。

私たちはフラワーシャワー(一人320円)を無料にしてもらえました!

交換条件を提示する

交渉はどちらにもメリットがある提案が上手な交渉です。

結婚式場にメリットがある提案をしてみましょう。

  • デザートブッフェ付けるから、式場紙袋を付けてほしい
  • ドリンクのグレードを上げるから、フラワーシャワーを付けてほしい

こだわりたいポイントが決まっていれば
それを条件に提示しましょう。

料理、ドリンクは式場の利益になりやすいので式場にとっても良い提案です。

持込みアイテムを交渉する

本来持ち込めないアイテムを「持込ませて欲しい」という交渉方法もあります。

そもそもなんで持込み禁止なの?

プランナーさん曰く、
衛生上や世界観を守るためだそうです。

苦しい言い訳ですけどね…

確かに、預かったものの管理に注意がいるなど式場にも負担があります。

ただ、一番の理由は違います。

式場の利益を確保するため

持込み禁止にしている項目は
式場の利益が見込めるものがほとんど。

持ち込み禁止が多いもの

料理、ドレス、花、引き出物、カメラマン

持ち込み可が多いもの

動画、曲、ペーパーアイテム(招待状、席札など)

実際に友人が試した方法があります。

衣装の持ち込みは禁止の式場でしたが、

ここの式場で挙げたいけど、どうしても着たいドレスがあるんです…!

と交渉したところ、
無料でドレスを持ち込むことに成功しました。

持込料は値引き交渉よりハードルが下がるので
持込みを考えている人は交渉してみましょう。

2人で目標を決めておく

○○まで値引きしてくれたら絶対に契約します!

という意思を伝えましょう。

営業の心理としては、契約が取れるとわかれば努力する気持ちになります。安くしても契約してもらえるのはわからない人には本気になろうと思いません。

そのために2人で値引き交渉の目標を事前に話し合っておきましょう。

筆者
筆者

2人で話し合うのが大事です。

どちらか1人が目標を決めていても、パートナーと意見が一致していないと交渉が上手く進みません。特にブライダルフェア参加直後は、夢み心地でハイなっています。勢いで契約しないように事前に2人で共通の目標をはっきりさせておきましょう。

プランナーを落とす秘密のキラーワード

前に書いたとおり、プランナーさんに協力してもらえるかは値引き交渉を成功させるために重要なポイントです。上司を本気で説得してくれるかはプランナーさんにやる気になってもらわないといけません。

筆者
筆者

そんなプランナーさんを落とすキラーワードを2つ紹介します。

上手に使ってプランナーさんのやる気を引き出しましょう。

キラーワード1:○○さんと結婚式がしたい!

結婚式場で働いている人は、

  • 素敵な結婚式の力になりたい!
  • 理想の結婚式の実現させたい!

と結婚式に強い想いを持って働いている人が多いです。

お互い打ち解けたところで、

○○さんがいるこの式場で結婚式がしたいです!力になってもらえませんか?

とお願いをされて嫌な気分になるプランナーさんはいません。どこでもいい、安いからではなく、○○さんだから、△△式場だからここにしたいという気持ちを伝えましょう。

きっと力になってくれるはずです。

キラーワード2:今日申込みをします!

プランナーさんは同時に何組もの新郎新婦を相手にしていてとっても忙しいです。そんな中、新規の契約も取らなければいけないので、契約が取れない人に時間をかけたくないのが正直なところです。

いつまでも決まらず、いろいろ提案したけど結局契約に至らなかったとなると辛いところ。

そんな中で、

今日申込みます!

とはっきり言われると、契約が取れる!と本気モードになってもらえます。何日も呼び出されて時間がとられるよりも、その日にバシッと契約を決めてくれる人を好みますのでプランナーとしてはキラーワードになります。

なぜ交渉で安くできる?

なんで交渉で安くなるの?

経験者

安くなるのは結婚式ならではの理由があります。

値下げ交渉って図々しいイメージありますよね。でも、結婚式では遠慮は不要です。

ブライダフェアはお買い物ではなく、商談の場に近いです。式場と私たち希望が合えば成立します。結婚式場側の示す希望金額で決める必要はないですよ。

なぜ結婚式では値下げ交渉ができるのか

  1. 結婚式には定価が無い
  2. 最初は高い見積りを提示している
  3. 空き状況やノルマの影響を受ける

順番に理由を説明します。

結婚式には定価がない

【実際の初期見積り】
経験者

結婚式の費用はとっても複雑!
これが厄介なんです…

具体的には、

【見積りの項目例】
  • 料理、ドリンク
  • 引出物
  • ドレス、タキシード
  • 会場使用料
  • 装花
  • 写真、動画
  • 音響設備

などざっくり分けても10項目以上あります。

さらに、そこから

【費用の変動要因】
  • 季節
  • 時間帯
  • ゲスト人数
  • 曜日
  • 日柄(大安・仏滅など)

など、項目以外の要素も反映させて見積りの合計金額を出しています。

いろんな要素を考慮して出される金額なので、定価が存在しません。提示された金額はあなた用にカスタマイズされた金額です。

稀に同じ式場で挙げた友人の見積もりで交渉しようとする人がいますが、あまり意味がありません。なぜなら、それは友人の条件にカスタマイズされた見積りだからです。

定価が決まっていないからこそ、結婚式の費用は交渉できるんです。

 

最初は高い見積りを提示してくる

結婚式場もビジネスで結婚式をしています。できるだけ高い金額で申込んでほしいと思っているのが本音です。

始めは盛った(高い)金額の見積もりを出している可能性が高いです。うまくいってそのまま申込みをしてもらえれば、ガッポリ利益を確保することができます。

仮に、高いな…と思われてしまっても、そこから値引きをすればどうでしょう。

例えば、

プランナー
プランナー

見積り金額は500万円です。

と言われた後に、

プランナー
プランナー

気に入っていただけたようなので、今回は特別に30万円値引きさせていただきます!

と言われると、最初から470万円と言われるよりも安く感じませんか?得した!と思う人が多いでしょう。

でも、実は適正な金額は400万円かもしれません。始めから交渉のために100万円分高めに見積りが計算されていたかもしれません。

いくら安くしてくれたかではなく、金額に納得できるかに着目しましょう。

特に、「今日だけ」や「1件目限定」など、即決を迫ってくる言葉には警戒してください。焦る必要はありません。ほとんどの場合は即決しなくても特典は付きます。

筆者
筆者

実際、私も後日に特典を付けてもらえました。

 

空き状況やノルマの影響を受ける

結婚式場の経営は莫大な維持費がかかっています。特に、専門式場の場合は独特なつくりをしていることから結婚式以外に活用することが難しいです。

そのため、結婚式場として絶対に避けたいのは日程に空きが出ることです。空きが埋まるのであれば多少の赤字でも契約してもらった方がいいと考えています。

筆者
筆者

実際、私たちはコロナ禍に式場探しをしましたが、どこの式場も空きが埋まらず大胆な値下げをしていました。

このトレンドはしばらく続くでしょう。

また、式場にはそれぞれ売り上げのノルマが課せられていることが多いようです。月末や決算前で数字を達成したいという心理が働くこともあります。

このように、式場側の要因で見積もり金額が変わってくるケースもあります。

値引き交渉できる項目

結婚式で値引き交渉がしやすい項目しずらい項目があります。

値引き交渉がしやすい項目は、式場に費用の負担がない項目です。

もともと式場にある設備で、使っても使わなくても変わらないものは交渉しやすいです。

具体的にいうと、

【値引き交渉しやすい項目例】
・映像機材使用料
・親族控室利用料
・持込み料
 など

があります。

逆に、式場の費用負担がある次のような項目は交渉がしにくいです。

【値引き交渉しずらい例】
・料理、飲み物
・引出物
・装花 
など

料理は、食材費や経験豊富なのシェフの人件費などコストがたくさんかかっています。このように費用が発生している項目は交渉を断られてしまうこともあります。

ただし、例外としてゲストを60人以上呼ぶような大きめな結婚式の場合は交渉できることがあります。人数が増えれば式場もその分利益を確保できるので交渉の余地ができます

○○人以上招待するので料理代安くなりませんか?

など伝えれば交渉できる可能性が高まります。

値引きの限度額はいくらか?

できるだけ安くしたいな。

そう思う人は多いでしょう。

私も同じことを考えてました。

ぶっちゃけ交渉の限度額っていくら?

結婚式の費用は全体として利益が出るかで値引きの判断をしています。

人数、時期、会場などによって変わるため、○○万円が限界のように金額では決まっていません。

自分の場合いくらまで安くなるのか。

営業さんに聞いても当然本当のことは教えてくれません

私が気づいた交渉の限界を知る方法を教えます。

それは、

条件を付け始めたら限界に近い

具体的にいうと、特典を付ける代わりに

・最低○○人以上招待する
・料理は○○円以上のコースにする
・引き出物は式場で頼む など

これはこれ以上安くしたら利益が出ないため、条件を付けて利益を確保しておきたいという表れです。

そのため割引に条件を付け始めたら交渉(赤字)限界だと言えます。

値引き交渉の注意点

交渉成功後も注意点があります。

それは特典が無効になるケース

具体的にどんな場合が想定されるでしょう?

例えば、

大幅なプラン変更

式場はプランに合った特典を提案しています。

大きな変更は特典がなくなるかもしれません。

・日程を変更する
・大幅な人数変更

式場の利益が減る変更は注意しましょう。

特典に条件を付けられることも。

・○○人以上招待する
・料理は○○円以上のコース

条件が厳しいなら契約前に伝えましょう。

無理をすると後々苦しくなります。

結果、特典がすべてなくなることがありますので注意です。

まとめ

以上、結婚式の値下げ交渉について、私の経験を踏まえて解説しました。

なかでも重要なことは、

  • 交渉は契約前に
  • 3会場以上比較する
  • 式場のメリットも考える

結婚式の費用は同じ内容でも、申込みの金額で数十万円は変わります。少しお願いするだけで数万円安くなることも珍しくありません。遠慮はせずに聞いてみてください。

一方で、1円でも安く!と思って式場探しをすると結婚式を楽しむ余裕がなくなってしまいます。お金のことも考えながら、やりたい結婚式はどんなものかを見失わないように式場探しを楽しんでください

これからブライダルフェアに参加する人はキャンペーンのエントリーをお忘れなく!

\3.7万電子マネーも貰える!/
\全国の式場で探せる!/
経験者

それでは、良い式場探しを!

コメント