【実例あり】あなたは大丈夫?結婚式のぼったくりから守る3つの方法

結婚式って高すぎない?
ぼったくってるのかな?
安くする方法はないの?

こんな疑問に答えます。

結婚式場の営業に騙され20万円の申込金を失いかけ、何とか取り返す。

そこから結婚式について調べ上げ、相談カウンタ―の利用とブライダルフェア10会場に参加。

その経験から129万円値引き交渉に成功。

このブログでは結婚式を一生忘れない綺麗な思い出にできるよう自分の経験を発信しています。

ところで『結婚式場ってぼったくり?』と思ったことありませんか?

私はあります

結婚式にかかる費用が高すぎるという経験談は聞いたことがあるでしょう。

ぼったくりだと言う人も。

結婚式場はぼったくりなんでしょうか?

この記事を読めば、ぼったくりに合わずにもう一度やりたいと思える結婚式を挙げられるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

結論

結婚式場はぼったくりなのか?

半分正解です。

ぼったくりの意味が相場よりも高いという意味であれば、ぼったくりでしょう。

実際に結婚式でかかる費用の相場はこんな感じ。

結婚式の費用相場

  • 料理 1万~2万

最低でも1万円は必要。しかし、実際に1万円のコースを見てみるとかなり寂しい内容

通常のフレンチレストランでは1万円あればかなり豪華な料理が食べられます。

  • ドリンク 4,000円~5,000円

基本飲み放題。内容も特別豪華でもなく、ビール、焼酎、日本酒、カクテル、サワーぐらい。乾杯用のシャンパンが別料金になっていること。

通常のレストランであれば2,000円もあれば充分の内容。

  • 映像 10万

オープニングムービーやエンドロールなどの動画作成。

高いけどハイクオリティでもない。テンプレな内容が多い。

自分で映像制作会社に頼めば安ければ1万円

【2022年最新版】ブライダルフェアで10万円稼げた!知らないと損するお得なキャンペーンサイトまとめ
ブライダルフェアで稼げるってほんと? どうやって稼ぐの? そんな疑問に答えます。 経験者 誰でも簡単に稼げます。 10会場のブライダルフェアに参加して式場を決...

ココナラを使えば数千円で充分なクオリティのものが作れる。

  • 引き出物の袋

これはぼったくり。

紙袋が1枚400円

普通に買えば数十円。これだけでいくら儲けが出るのか。

ゲストの人数分必要なので袋代だけで2万~3万円。

結婚式がぼったくりな理由

結婚式の費用が明らかに相場より高いということはわかるでしょう。

では、結婚式場はぼったくりをした分、相当儲けているのか?

実はそうでもありません

それはブライダル業界の利益率でわかります。

ブライダル業界大手6社の利益率⇒5%~10%

飲食店は利益率が低いと言われているが⇒5%~10%と同じです。

IT企業の利益率⇒20%~30%

比較するとブライダル業界の利益率の低さがわかります。

その厳しさから結婚式場が経営難で倒産するケースは少なくありません。

なぜ相場よりも高いお金を取っていても儲けが出ないのか?

その答えは結婚式場ならではのコストの高さです。

人件費が高い

結婚式にはどうしても人手が必要です。

挙式当日だけでも

  • シャトルバスの運行
  • 駐車場警備
  • メイク、着付け
  • フラワーコーディネーター
  • 司会
  • 来客対応、介助
  • 音響
  • 照明
  • キッチン
  • ホール

特に料理は同時に数十人に温かい料理を提供するため、キッチン、ホールに多くの人出が必要になります。

アルバイトや日雇いであることが多いですが、それでもそれなりに人件費がかかります。

結婚式の準備期間にも人件費がかかっています。

結婚式の標準的な準備期間は4~5か月。

その間には

  • プランナーとの打ち合わせ
  • ドレス試着
  • 音響、照明の確認
  • メイク、ヘアリハーサル
  • 料理試食
  • 司会との打ち合わせ
  • テーブル、フラワーコーディネイト

などなど準備期間にもたくさんの人が関わっています

それらすべての費用を1日の結婚式費用から賄うわけです。

設備維持費が高い

広い土地と大きな建物の結婚式場は所有しているだけで大きなコストがかかっています。

  • 建設費

立派なチャペルや披露宴会場の建設費を長期的に回収しなければなりません。

  • 土地代

アクセスのいい場所に立っていることが多く、面積も広いので大きなコストに。

  • 修繕費

常にきれいな状態を保つため、こまめな修繕が必要。特殊な建物なので通常より費用は高いでしょう。

  • 整備費

ガーデンに緑を多く使う式場も多いですが、植木や花の手入れも必要です。

  • 保険

地震や火災に備えて建物に保険を掛ける必要があります。保険金額が大きくなれば保険料も高くなるのでテーマパークや結婚式場のような大型施設の保険料は高額です。

稼働率が低い

結婚式のほとんどは休日。

逆に平日はほとんど日程を埋めることができません

つまり、週に2日で1週間分の利益を出す必要があります。

売上が上がる少ない日にガッツリ儲けなければなりません。

全てに中間マージンが発生

このように結婚式は何かとコストのかかる経営です。

そのため、結婚式場はできるだけ外注をして効率化をします。

そして中間マージンをかけるとこで利益を生み出しています。

外注しているものの例としては

  • ドレス
  • 映像、カメラマン
  • メイク
  • 引き出物
  • 司会

このようにほとんどが外注なんです。

冠婚葬祭は値切る人が少ない

日本人は冠婚葬祭を大切にする民族です。

冠婚葬祭のお金を値切るのはタブーのような雰囲気がありませんか?

祝い事なのに値切るの?

みたいな。

個人的には逆だと思います。

祝い事だからこそサービスしてくれ

実際値切ることは可能です。

ぼったくられないための方法

ここまで結婚式がぼったくり価格になる理由について説明しました。

では、ぼったくり価格は仕方ないと諦めなきゃいけないんでしょうか?

実はそんなことないんです。

契約方法で結婚式の費用は100万円以上安くすることができます。

実際に私は129万円安く申込んでいます。

私が実践した3つのステップを紹介します。

ウエディングサイト経由で申込む

まずはブライダルフェアに参加する時はウエディングサイト経由で申込みましょう。

利用するメリットは

✓来店特典
✓成約特典

が貰えることです。

時間があるなら相談デスクを利用すると疑問が解消されてブライダルフェアで慌てずに済みます。

相談デスクでは元プランナーさんが中立的な立場で式場選びや予算のアドバイスをくれます。

式場のプランナーさんは営業をする人なので本音の話が聞けないことが多いです。

私が利用したのはハナユメ

理由は、来店特典(電子マネー)と成約特典(ハナユメ割)が他よりも高額だったから。

できるだけ結婚式の費用を安くしたい人はハナユメおすすめです。

値引き交渉をする

ブライダルフェアに参加したら必ず値引き交渉をしましょう。

結婚式は値引きできないと思い込んでいる人も多いですが大間違いです。

ブライダルフェアで値引き交渉はみんなしているので提案してみると意外と相談に乗ってくれます。

私が129万円の値引きに成功した値引き交渉の方法は別の記事で詳しく解説していますのでそちらを参考にしてください。

【体験談】結婚式で129万円値引きに成功した私が解説|限度ギリギリの交渉術とは?
結婚式の費用って気が付けばどんどん膨らむ...大事なのは初期見積りでどこまで交渉できるか!ブライダルフェアでの上手な値引き交渉のポイントを解説します。何も知らずに行くと大損します!しっかり準備して賢くお得に結婚式を挙げましょう。

できるだけ持ち込む

前述のとおり式場で頼むものは基本相場より高いです。

自分で準備できるものは自分で用意いましょう。

申込み前に必ず確認したいのは何が持込み可能なのかです。

持込み可能なものの範囲は式場によって全然違います。

持込み可能でも持込み料がかかることもあるので注意です。

どれだけ持込むかで大幅に最終金額が変わります。

まとめ

結婚式場はぼったくりなのかについて解説しました。

まとめると、

結婚式場は全てが相場よりはるかに高い
コストが高いため意外と儲かっていない
ハナユメ特典値下げ交渉でぼったくられない

結婚式場はコストがかかっているので相場よりも高いのはある程度仕方がありません。

個人的には金額以上の価値を結婚式に感じるのであれば良いお金の使い方なのではないでしょうか。

とはいえ、同じ結婚式ならできるだけ安く挙げられた方がその後の結婚生活にも余裕が生まれます。

少ないお金で忘れられない結婚式にすることができれば、つまりコスパよく結婚式を挙げられれば満足度は上がります

節約できるところはしっかりして忘れられない思い出の結婚式を作りましょう。

スポンサーリンク
式場探し
プロ婚

コメント