ブライダルフェアの営業はしつこい!後悔したくない人は知っておくべきこと

ブライダルフェアの営業はしつこい式場探し

ブライダルフェアの営業はしつこい?
帰してくれないってほんと?
何に注意して参加すればいいの?

初めてのブライダルフェアってワクワクと緊張。

私もそうでした。

この記事を書いた人
とも

2022年に結婚式をした28歳の新婚。1度式選びに失敗し、式場探しをやり直し。10会場のブライダルフェアに参加。153万円の値引きに成功。お得大好き。自己負担額は安いのにゲストからは「豪華な式だった!」と思われている。

ともをフォローする

私は式場選びに1回失敗し、式場探しをやり直しています。

2度目の式場探しでは、相談デスクと10会場のブライダルフェアに参加

おかげで、同業者を疑われるほどブライダルフェアに詳しくなりました。

幸せな新婚生活を台無しにしてほしくないと思い、自分の経験を発信しようと『ウエディングの寺子屋』を運営しています。

たくさんブライダルフェアに参加してわかったこと。

それは、ブライダルフェアの営業に騙されている人が多いということ。

特に初めて参加する人に多いです。

なぜなら営業のテクニックが上手すぎるから。

しかし、営業に騙されると結婚式場選びに後悔することになります。

筆者
筆者

でも安心してください。

この記事では、そんな営業に騙されないためのブライダルフェアの注意点をまとめています。

注意点を知れば、良くない式場を見極められるようになり、後悔しない式場選びができるようになります。

詳しく解説していきます。

即決は後悔のはじまり

後悔している男性

まずは一番大切なことをお伝えします。

ブライダルフェアで即決はNG

絶対にその場で契約せず、一度帰宅しましょう

どうして即決がダメなのか。詳しく解説します。

多くの人が1件目で即決

どれくらいの人が即決してるの?

ブライダルフェアに何件参加をしたか。『ゼクシィ』のアンケート調査によると、

1~2件で決めた人が47.3%。

筆者
筆者

約半分は1~2件で式場を即決しています。

その結果、式場に不満を持った人は45.7%。

即決した人の半分は後悔しているという結果に。

一方、3件以上回って決めた人の満足度は80%。

筆者
筆者

即決が満足度を大きく下げていることがわかります。

比較をしないで即決してしまえば後悔するのも当然です。

後悔しない結婚式にするには、式場選びで即決しないことがまず重要です。

ブライダルフェアの営業で注意するポイント

注意ポイントを考えよう

筆者
筆者

冷静に考えると、数百万の契約を即決するなんてありえないですよね。

なんで半分の人が即決しちゃうの?

その理由は、ブライダルフェアの営業にあります。

この営業に騙されてしまうと即決して後悔してしまいます。

実際にあった営業の注意点をまとめます。

当日特典は嘘

即決してしまう原因は1つ。

当日特典

プランナー
プランナー

今日契約すれば特別に10万円割引します!
今決めなければ割引できません!

残念ながらこれはです。

今日契約しないと損しちゃう!と思わせるためのよくある営業テクニックです。

違う日だと割引をしてもらえないんじゃない?

筆者
筆者

安心してください。再訪しても割引をしてもらえます。私はしっかり値引をしてくれました。

そもそも当日割引は式場側になんのメリットがあるでしょう?

ありませんよね。

当日割引や1件目特典は即決させるためのキラーワード。

即決特典については↓の記事で詳しく解説しています。

【体験談】ブライダルフェア1件目と嘘ついたらばれた?特典が欲しい人が本当にやるべき○○!
ブライダルフェアで特典欲しさに1件目という嘘つきました。式場側に嘘はバレている?じつはバレなくても大損する可能性があります。嘘をつくメリットとデメリットをまとめました。決めて後悔しないように要注意です。

空き状況も嘘

2つ目の即決してしまう原因。

日程が空いていない。

プランナー
プランナー

希望の時期で空いているのはこれぐらいです…

ブライダルフェアで提示される候補日は2日~3日。

希望時期の伝え方によりますが、候補日は多く挙げてくれません。

これ以外は空いていませんか?と聞いても、

プランナー
プランナー

予約やイベントで埋まってまして。
ここもいつまで空いてるかわかりません…。

と言われます。ですが、これも嘘の可能性が高いです。

本当は予約が空いていても残りが少ないと伝えてきます。

私のときは、

プランナー
プランナー

コロナで延期していた人が詰まっているので早く日程が埋まるんです。

とを言われましたが、嘘でしょう。

コロナ禍は2年以上続いていますので、みんな挙げるか諦めるかしています。

実際に空き日程が嘘だとわかった体験談はこちら↓をご覧ください。

【悲報】結婚式場の空き状況は嘘!本当の空き日程を確認する5つの方法
「この月はこの日しか空いていません。」それは結婚式場の嘘です。騙されてはいけません。なんでそんな嘘をつかなきゃいけないの?それは生き残りに必死だからです。でも嘘はいけませんね。私の経験談から嘘を暴きます。

なぜそんな嘘をつくの?

もちろん、契約を焦らせるための営業テクニックです。

筆者
筆者

でも騙されないでくださいね。

そもそも、日程が埋まっているのであれば必死に営業なんてする必要ないですから。

安い!と誤解させる見積り

定価から大幅に割引をされると、お得じゃん!と思ってしまいますよね。

そんな心理を使った営業も行われます。

例えば、最初の見積もりで

プランナー
プランナー

希望の内容ですと、530万円です。

と言われた後に、

プランナー
プランナー

お客様は大変気に入ってくださっているので、特別に50万円お値引きして480万円にいたします。

と言われると、

すごいお得かも!

と感じてしまいます。

しかし、そこは冷静に判断しましょう

最初に高い見積もりを出していただけの可能性もあります。

筆者
筆者

私が参加したブライダルフェアでは、ひどい場合10回も見積もりを出してきた式場がありました。

結婚式に定価はありませんので、いくらでも見積りを作れてしまいます。

見積もりはあくまで見積もり。

単価やアイテム内容はいくらでもいじれるので、トータルの金額を安く見せようとすることは簡単です。

そんなスカスカな見積りで契約をしてしまうと、準備の段階でどんどん金額が膨れ上がっていき平気で100万円以上費用が上がることに。

大切なのは、内容に見合った金額なのか。

いくら割引されたかに気を取られてはいけません。

なかなか帰らせてくれない

つまりは粘り負けするパターン。

もう考えるのがめんどくさいからここでいいかと。

筆者
筆者

私が参加したブライダルフェアでは7時間拘束されたことがありました。

私が初めてのブライダルフェアだったこともあり、なかなか断ることができませんでした。

全ての式場で営業がしつこいわけではありませんが、しつこく粘る式場も確かにあります。

向こうも契約を取るのが仕事ですので、はじめからある程度覚悟していきましょう。

結婚式場は経営が厳しい

年々経営が厳しくなる式場

そもそもの前提として、結婚式場は業界全体として経営が厳しいです。

厳しい要因としては、

・婚姻率の減少
・結婚式離れの加速
・結婚式の多様化

これに加えて新型コロナウイルスの影響。『ゼクシィ』の調査でによると、2020年4月の結婚式は9割がキャンセルされています。

結婚式場としては、少しでも契約をとりたいというのが本音。これが営業の必死さにも出ています。

これは、結婚式を挙げたい人は式場を選べる優位な立場にあるということです。

優位な立場にあるということは、こちらの要望を聞いてもらいやすいということ。

相手の営業に乗せられて、結婚式場に都合のいい契約をしてはいけません。

ブライダルフェアで騙されないための方法

ブライダルフェアで騙されないために

ここからは具体的に営業に騙されない方法について解説します。

知っていれば誰でもできる簡単な方法なので必ず実践してください。

ブライダルフェアの営業を信じない

プランナー
プランナー

素敵な結婚式を一緒に作り上げましょう!

親切な説明と優しそうな語り口。

この人が言っているんだから間違いない!

筆者
筆者

そんなピュアな人は注意。

式場の人は交渉相手です。

お金を払う側と貰う側という関係を忘れてはいけません。

なぜ初対面でそんなに親切にしてくれるのか。契約が欲しいからです。

もちろん中には本音で話してくれる営業さんもいますが、営業さんも仕事ですので式場の良いことをだかり言います。

悪質の場合、平気で嘘をつきます。

「当日割引」「空き日程の嘘」が典型例です。

式場側にとって都合の良い契約をさせられないように、最初からすべてを信じないつもりで参加する心構えが必要です。

主導権は選ぶ側にあります。

はっきりと伝える

とにかく大切なのはその日は契約せずに帰宅すること。

しかし、私の経験からすると半数以上の式場で引き留めに合います。

筆者
筆者

気にせず勇気を持ってはっきりと今日は契約しないと伝えましょう

断れずあいまいな反応をすると営業に期待を持たせてしまします。

少しでも可能性があると思われると延々と営業を受ける可能性アリ。

美味しい料理や丁寧な接客を受けてはっきり断りにくい気持ちもわかりますが、聞きたいことが聞き終わったらはっきり今日は契約しないと伝えて帰りましょう。

その方が無駄な時間を使わずお互いのためです。

見積りのポイントを抑えておく

何度も値引きをされる見積りを見ているうちにお得に思えてきます。

そんな営業のトラップに騙されてはいけません。

実際に契約してみたら中身がスカスカな見積りで結局予算を大幅に越えることに。

そうならないためには、ある程度見積りで見るべきポイントを抑える必要があります。

見積りのポイントがわかっていれば内容の充実度がわかります。

筆者
筆者

結婚式で厄介なのは見積りの細かさ

項目が多い、知らぬ名のアイテム、サービス料や割引の計算・・・

内容が複雑だけど、なんとなくの感覚でお得そう!

そんな決め方では式場側の思うツボです。

わからないものがあればすべて聞いて疑問を解消しましょう。

事前に知っておいてほしい見積りのチェックポイントについてはこちら↓で解説しています。

【徹底解説】結婚式の見積もり4つのチェックポイント|見落としている人は損します!
結婚式の費用は安く抑えたい・・・ そんな人に読んでほしい記事です。 実は、結婚式の費用を安くするのに一番大切なのは初期見積りの段階なんです。 結婚式の見積りは項目が多いし、式場によって名前もちがう・・・ 見積りをよく...

まとめ

以上、ブライダルフェアの営業に注意して欲しい理由と騙されない方法について解説しました。

まとめると、

  • 即決しないで持ち帰る
  • 式場側の人は嘘もあるので信じ過ぎない
  • 式場を選べる優位な立場にある

私は一度騙されたことがあるので、ブライダルフェアのマイナス面をたくさん書きました。

しかし、数百万円の契約をするわけなので慎重すぎて損はないと思います。

ブライダルフェアにいきなり行くの怖いな…

そんな私と同じ慎重派な人は、相談デスクの利用をおすすめします。

完全無料で、式場の営業とも関係ないので安心して中立的なアドバイスが聞けます。

特にオンライン相談なら家から相談できて、さらに電子マネーも貰えるキャンペーン中です。

 

筆者
筆者

それでは良い式場探しを!

コメント